◆SH1745◆インタビュー:法学徒の歩み(3) 伊藤 眞(2018/04/04)

インタビュー:法学徒の歩み(3)

東京大学名誉教授

伊 藤   眞

西田法律事務所・西田法務研究所代表

弁護士 西 田   章

 

 

 前回(第2回)は、伊藤眞教授から、学部生時代に刑法が苦手だったなどの司法試験の受験体験談から始まり、研究者としての仕事をスタートされた後も、法解釈学の意義への疑問が解消されないままでいたところ、アメリカ留学を契機として、実務に根ざした理論構築を心がけるようになられた経緯などをお伺いしました。今回(第3回)は、アメリカ留学が、その後の伊藤教授の研究活動と教育態度にどのように影響を与えたかについて語っていただきます。

 

(問)
 アメリカ留学では、何を中心に専攻されたのですか。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。

1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。

2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。

著書:『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)