◆SH1736◆インタビュー:法学徒の歩み(1) 伊藤 眞(2018/04/02)

インタビュー:法学徒の歩み(1)

東京大学名誉教授

伊 藤   眞

西田法律事務所・西田法務研究所代表

弁護士 西 田   章

 

 

 4月となり、法科大学院も新入生を迎えます。ただ、入学を喜んでいられるのはほんのわずかな期間だけです。優秀な学生でも「サマークラークに採用してもらうためには、良い成績を修めなければならない」という焦りを感じるようになりますし、学習が遅れてしまうと「本当にこのままで司法試験に合格できるだろうか」という不安も襲ってきます。

 新入生たちが逆風の中を進んでいくに際して、何か伝えてあげられることはないだろうか。ポータル編集部と相談した結果、先輩法律家の先生方に、学生時代の勉強法や職業選択の経緯を語っていただくというインタビューを企画しました。

 法律学習で通読する基本書や参照する体系書を執筆している権威ある学者。一流の法律事務所で企業法務の実務を形作って来た弁護士。これら先生方も、初めからキャリアの成功が約束されていたわけではありません。若い頃に、それぞれの時代において、悩みを抱えて迷いながらも進路を選択された過去があります。私がそのことに気付かされたのは、民事訴訟法の大家である三ヶ月章教授のエッセイ「一法学徒の歩み」(有斐閣)を読んだ時でした。同書に収められた対談で、三ヶ月教授は「どうして学者の道をお選びになったのですか。」との質問に対して、以下のように回答されていました。

  1.  「どこへ行ったって就職口がない以上、ひとつ学者にでもなろうかと思って採用してもらいました(笑)。いわば『デモ学者』ですよ。」「いつ大学から放り出されても、なんとか食いつないでいけるようにとなると、人のやらない民事訴訟法でもやっていれば・・・。」

 学界の最高権威ですら、必ずしも、順風満帆で予定通りの人生を歩んでこられたわけではない。だから、平凡な学生や法律家である私たちが、壁にぶち当たって悩むことは、当たり前すぎるぐらいに当たり前のことなのです。そんな当たり前の事実を受け止めることが、不安な中でも、日々の小さな努力を積み重ねる気力を絞り出すための第一歩であり、リスクを取って進路を選択する勇気へとつながっていくような気がしました。

 今回、三ヶ月教授の門下生である、伊藤眞教授にインタビューへのご協力をお願いしたところ、ご快諾をいただくことができました。そして、伊藤教授が、学生時代にどのように学習に取り組まれていたのか、なぜ、民事手続法学者という職業を選択されたのか、どのようにして『民事訴訟法』(有斐閣)や『破産法・民事再生法』(有斐閣)、『会社更生法』(有斐閣)、『消費者裁判手続特例法』(商事法務)といった優れた体系書を生み出すに至る研究意欲を保持し続けて来られたのかをお聞きして来ました(2018年3月7日開催)。以下、4回にわたり、その内容をご紹介させていただきます。

続きはこちらから(フリー会員の方もご覧になれます)

バックナンバーはこちらから

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。

1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。

2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。

著書:『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)