◆SH1725◆弁護士の就職と転職Q&A Q39「二度目の転職は、より慎重になるべきなのか?」 西田 章(2018/03/26)

弁護士の就職と転職Q&A

Q39「二度目の転職は、より慎重になるべきなのか?」

西田法律事務所・西田法務研究所代表

弁護士 西 田   章

 

 人材市場では、即戦力の経験弁護士の品薄感が続いており、転職エージェントは、積極的に「転職経験者」に「再度の転職」を勧誘しています。若手弁護士からは「他のエージェントから二度目の転職に誘われたのですが、短期で転職を繰り返すのは履歴書が汚れますよね?」という相談を受けます。そこで、今回は、「二度目の転職」のタイミングを取り上げてみたいと思います。

 

1 問題の所在

 初めての転職は、「現職への不満」が引き金になっています。パワハラ系のボスやハードワークが常態化する環境から逃げ出すのが第一類型であり、尊敬できない上司を離れて、自分が成長できる環境を求めるのが第二類型です。いずれにせよ、「現在の日々の執務環境を改善したい」という差し迫った問題を解決するために短期的な視点から転職先が選ばれがちです。そのため、転職した後になって、中長期的なキャリアを考え直した時に、別のあらたな問題点に気付き始めます。理想の職場なんてありません。実は、転職先の職場よりも、前職のほうがずっと恵まれていた部分もあることに気付かされます。単に「いま自分が勤めている職場だからこそ、悪いところがよく見えていた」に過ぎず、「隣の芝生」が青く見えていたことにも気付かされます。そして、「前職と現職の中間地点のどこかに正解があるのではないか」という思いに駆られます。

 エージェントは、転職経験者のそのような心境を見抜いています。そのため、「一度転職した人は、二度目も考えている」と推測して声をかけてくるのです。声をかけられる側としても「現職が『終の住処』ではないだろう」という気がしているので、「いますぐに転職を考えているわけではありませんが、情報収集だけは続けたい」というような曖昧なコメントをしがちです。エージェントも「短期間で転職を繰り返すのは、履歴書を汚すことになります」「でも、年次が上がるとポストも減ってしまうので、次の転職を最後の転職にしませんか」などと説得をしてきます。そして「そろそろ景気停滞局面に差しかかっています。不景気に転じてしまったら、転職機会もなくなりますよ」と、やんわりと脅しをかけてきます。それでは、「いつかは再度の転職もしなければならないだろう」「でも、短期に転職を繰り返したくない」という二つの思いをどう調和させるべきなのでしょうか。

 

2 対応指針

 「現職よりも、自分を成長させられる先があるならば、転職を考えるべきである」という通則は、二度目の転職にも等しく適用されます。短期での転職の繰り返しでも賛成できる類型としては、特に、①将来、独立を考えている場合、②現職よりも、質の高い仕事ができるとみなされている職場に、履歴書的に見れば、上方遷移する転職ができる場合、③恩義ある知り合いから、自分を見込んで、今すぐに行かなければならない、特別なプロジェクトへの参画を求められている場合、が挙げられます。

 ただ、それ以外の場面で、短期で転職を繰り返すと、転職応募先の採用担当者に「うちに来ても、どうせすぐにやめるのだろうな」と推認されてしまうことは覚悟しておかなければなりません(オファーを貰えたならば、「採用側も自分が長く働かなくてもいいと思ってオファーしているんだ」と疑ってみたほうがいいぐらいです)。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。

1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。

2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。

著書:『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)