◆SH1724◆実学・企業法務(第125回)法務目線の業界探訪〔Ⅰ〕食品 齋藤憲道(2018/03/26)

実学・企業法務(第125回)

法務目線の業界探訪〔Ⅰ〕食品

同志社大学法学部

企業法務教育スーパーバイザー

齋 藤 憲 道

 

〔Ⅰ〕食品

4. 事故・事件の例

 食品業界では、虚偽表示・誇大広告、食中毒、異物混入(作業ミスによるもの、意図的なもの)等がしばしば発生し、マスコミに大きく(ときに過大気味に)報道される。

 企業には、異常を早期に察知して、適切なチーム(又は組織)を編成し、迅速に原因を解明して対策(暫定措置、恒久措置)を講じ、正しい情報を適時に社会に提供することが求められる。

 

例1 雪印「集団食中毒事件」[1]

 〔参考にしたい教訓〕
  1. ・「消費者目線」を経営に組み入れることが重要。
  2. ・ 重大事案の対応は、経営トップの率先垂範が不可欠である。
  3. ・ ブランドイメージが傷つくと、同一ブランドを使うグループ全体の信用を失う。
  4. ・ 原因究明に時間がかかると、傷が大きくなる。迅速に解明する仕組みを構築する。
     食品の安全問題は、直ちに大きな社会問題になるので、迅速に対応する訓練を日頃から行うことが重要。 
  5. ・ 作業マニュアルは守るだけでは不十分。常に社会の基準に合う最新版を実践しなければならない。
  6. ・ 内部告発があることを前提に、法令遵守しつつ、日常業務を行う。
〔経 緯〕
2000年 6月27日 雪印乳業㈱(以下、「Y」という。)の大阪工場製造の低脂肪乳による食中毒症状を大阪市が確認した。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(さいとう・のりみち)

1971年東京大学法学部卒業。同年松下電器産業㈱に入社し、営業、経理、経営企画、法務の業務を担当。松下電子部品㈱経営企画室長、松下電器産業㈱法務本部法務部長、JVC・ケンウッド・ホールディングス㈱監査役等を経て、2009年パナソニック㈱を退職。損害保険ジャパン日本興亜㈱ 業務品質・コンプライアンス委員会委員長を歴任。

また、内閣府消費者委員会委員(2015年秋退任)、消費者安全調査委員会臨時委員(現)、製品事故判定第三者委員会合同会議議長(現。消費者庁と経済産業省合同)、国民生活センター紛争解決委員会委員(現)、経済産業省産業構造審議会臨時委員、神戸市公正職務審査会委員(現)

 



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索