◆SH1707◆2017年12月21日最高裁決定におけるハーグ条約及び同実施法の解釈について(3) 神川朋子(2018/03/15)

2017年12月21日最高裁決定における
ハーグ条約及び同実施法の解釈について(3)

神川松井法律事務所

弁護士・ニューヨーク州弁護士 神 川 朋 子

 

第4 きょうだい分離と重大な危険のおそれ

 本決定は、年長の子については返還に対する異議を認めて返還請求を却下し、年少の子については、密接な関係にあるきょうだいを異なる国に分離することなどの一切の事情を考慮し、返還によって子を耐え難い状況に置くこととなる重大な危険があるとして、実施法28条1項4号の返還拒否事由を認め、返還請求を却下した。

 子の意見は子の成熟度に応じて考慮されるため、複数の子が全員返還に異議を述べているが、年少の子が幼いことを理由に異議が認められないとき、年長の子の異議を認め、年少の子のみの返還を命じると、きょうだいを別々の国に置くことになる。このような場合、他の締約国の裁判例では、きょうだいを分離することで、子の心身に重大な危険が生じるおそれ(条約13条、実施法28条)があるかを検討し、重大な危険が生じるおそれがあるとされる場合には、年少の子の返還を拒絶するという実務が頻繁になされている。

続きはこちらから

 

(かみかわ・ともこ)

神川松井法律事務所(https://www.matsuikamikawa.com/

平成8年大阪大学法学修士、平成11年大阪弁護士会登録。平成22年にカリフォルニア州立大学ヘイスティングス校(ロースクール)を卒業(LL.M)し、平成23年にニューヨーク州弁護士登録。平成24年から神川法律事務所、平成26年からは神川松井法律事務所に所属。

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所