◆SH1646◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(47)―やらされ感の克服③ 岩倉秀雄(2018/02/16)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(47)

―やらされ感の克服③―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、組織成員の「当事者意識の欠如」について、個人の心理的側面と組織自体の問題点について考察した。

 今回は、経営トップの問題点と「やらされ感」の関係について考察する。

                           

【やらされ感の克服③】

1.「マンネリ化」や「やらされ感」はなぜ、どのように発生するのか

(3) 組織(経営トップ)の問題点

 組織成員が、経営トップの認識と行動に問題があると感じた場合には、成員のコミットメントを失わせ、掛け声だけのコンプライアンス強化に「やらされ感」が生まれる。

  1. ① 経営トップの取組み姿勢が脆弱な場合
  2.    新人から経営トップになる過程で、コンプライアンスの重要性の認識を社会的価値として厳しく要求されない環境に育った経営トップが、社会の「コンプライアンス経営が大事だ」との声に押されて俄かにコンプライアンス経営に取り組んだものの、その重要性を価値観レベルで理解できず、コンプライアンスを組織文化に浸透・定着させるための資源投入を行わず掛け声ばかりになる場合や、仮に有能な部下がいてコンプライアンス経営の重要性や資源投入の必要性を進言しても無視される場合等では、経営トップの姿勢(特に人事に現れる)が組織全体に伝わり、コンプライアンス経営の価値観を形成できない。
     その場合、組織の成員は本気でコンプライアンス経営にコミットする気になれず、「笛吹けど踊らず」、「踊る気になれない」、「踊り疲れた」という現象が生じ、「やらされ感」が生まれる。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

西村あさひ法律事務所セミナー
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所