◆SH1645◆法務省、複数の者が所有する私道の工事において必要な所有者の同意に関する研究報告書 徳丸大輔(2018/02/15)

法務省、複数の者が所有する私道の工事において必要な
所有者の同意に関する研究報告書

岩田合同法律事務所

弁護士 徳 丸 大 輔

 

 法務省内に設置された共有私道の保存・管理等に関する事例研究会(以下「本研究会」という。)は、平成30年2月1日、「複数の者が所有する私道の工事において必要な所有者の同意に関する研究報告書~所有者不明私道への対応ガイドライン~」(以下「本研究報告書」という。)を公表した。

 本研究報告書は、所有者を特定したり、その所在を把握したりすることが困難な土地(いわゆる所有者不明土地)に関連して、私道の共有者又は所有者の一部が所在不明な場合(以下「所有者不明私道」という。)を念頭に、所有者不明私道の補修工事等を実施するに際し、私道の共有者又は所有者全員からの同意を取得する必要があるか否かを判断する指針を示すとともに、所在が不明な共有者又は所有者からの同意取得が必要な場合に取り得る手段を整理したものである。

 本研究会が自治体やライフライン事業者を対象に実施したヒアリングによれば、民法の共有物の保存・管理に関する解釈が明確でないこともあり、①地方公共団体においては私道整備に対する助成や私道の補修工事に関し、②電気、上下水道等のライフライン事業者においては、共有私道内の設備の設置・補修工事に関し、私道所有者(共有者)全員の同意を得ることを原則としているとのことである。しかしながら、所有者不明私道については係る同意取得ができないため、主に次のような支障が生じているとのことである。

続きはこちらから

トピックスのバックナンバーはこちら

 

(とくまる・だいすけ)

岩田合同法律事務所アソシエイト。2007年京都大学法科大学院修了、2008年弁護士登録(新61期)。2014年4月から2016年3月まで法務省大臣官房訟務部門民事訟務課及び同省訟務局に在籍。争訟解決・危機管理を中心に、企業法務全般を幅広く取り扱う。

岩田合同法律事務所 http://www.iwatagodo.com/

<事務所概要>
1902年、故岩田宙造弁護士(後に司法大臣、貴族院議員、日本弁護士連合会会長等を歴任)により創立。爾来、一貫して企業法務の分野を歩んできた、我が国において最も歴史ある法律事務所の一つ。設立当初より、政府系銀行、都市銀行、地方銀行、信託銀行、地域金融機関、保険会社、金融商品取引業者、商社、電力会社、重電機メーカー、素材メーカー、印刷、製紙、不動産、建設、食品会社等、我が国の代表的な企業等の法律顧問として、多数の企業法務案件に関与している。

<連絡先>
〒100-6310 東京都千代田区丸の内二丁目4番1号丸の内ビルディング10階 電話 03-3214-6205(代表) 

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
岩田合同法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所