◆SH1618◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(43)―移行過程のマネジメント③「対立」 岩倉秀雄(2018/02/02)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(43)

―移行過程のマネジメント③「対立」―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、「抵抗」のマネジメントと「混乱」の発生原因とマネジメントについて考察した。

 変化に対する「抵抗」へのマネジメントでは、①現状と望ましい姿とのギャップを正確に伝え認識を一致させること、②変化の影響を受ける人を変化の過程に参加させること、③望ましい行動に報酬を与え変化を促進すること、④情理を尽くした説得と納得するまでの時間的余裕を与えること、⑤教育・訓練を徹底して移行への不安をなくすことが、必要である。

 「混乱」は、組織内の秩序が失われ一時的な「流動状態」が発生するために生まれることから、そのマネジメントには組織統制力の維持・強化が重要であり、①組織の将来への明確なビジョンと将来の確固とした到達点を示す、②移行担当者とそれ以外のメンバーとの間で密接なコミュニケーションを確保する、③当初予想しなかった問題が発生した場合に直ちに対応することが必要である。

 今回は、移行過程における「対立」の発生原因とそのマネジメントについて考察する。

 

【移行過程のマネジメント③「対立」】

1.「対立」の発生原因

 既述したように、組織とは、協働の場であると同時にパワーを求めて競い合う「駆け引きの場」でもある。また、組織に参加する者の意図は必ずしも同一ではない。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
長島・大野・常松法律事務所