◆SH1582◆弁護士の就職と転職Q&A Q30「法律書以外の本を読むメリットはあるのか?」 西田 章(2018/01/15)

弁護士の就職と転職Q&A

Q30「法律書以外の本を読むメリットはあるのか?」

西田法律事務所・西田法務研究所代表

弁護士 西 田   章

 

 年末年始は、大規模事務所で超多忙な日々を過ごしているアソシエイトにとっても、一瞬だけ継続中の案件を忘れて「2018年をどう過ごしたいか」を考える貴重な機会でした。あるアソシエイトからは「案件で仮想通貨を勉強しなければならない」「債権法改正でも読まなければならない本が溜まっている」との発言に続き、「法律書以外を読むのに時間を使うメリットはないですよね?」との質問を受けました。今回は、それに対する私見を述べてみたいと思います。

 

1 問題の所在

 渉外系法律事務所は、所属弁護士毎に設定される時間単価に稼働時間を掛け合わせることでリーガルフィーを算定するシステムを採用しています。そのため、稼働時間が多いほど、事務所の売上げに貢献することができます。同期が何十人もいる大規模事務所であれば、それぞれ別々の事件を担当している同期アソシエイトの間において、唯一、比較可能な客観指標は「稼働時間」ですので、競争心の強いアソシエイトほど、自己の稼働時間を増やすことに意義を見出す傾向があります。経済的にも、給与が歩合給型であれば報酬は増えますし、固定給型でもボーナスでプラス査定を得られそうです。そのため、「ノンビラブルの時間=無駄な時間」という価値観が生まれるのも止むを得ない部分があります。

 また、「弁護士としての成長」という面でも、若いうちは、仕事の効率性よりも、時間を費やすことが大切です。いきなり「要領がよいリサーチ」を求めるのではなく、まずは「徹底的に調べ尽くした」という経験を持つことが大切です。案件の数をこなすことにも意義があります。ある種の案件の経験数がゼロと一とには大きな違いがありますし、一件だけよりも、五件に関わったことがあるほうが依頼者から信頼されるに足る経験値を獲得できます。

 ただ、「タイムチャージ方式の下では、稼働時間が多いほど事務所の売上げに貢献する」というのは、「案件を取って来るパートナーがいる」ことが大前提となっています。いつまでもアソシエイトではいられないので、「稼働時間が多いことが、案件獲得力(営業力)に結び付くと言えるかどうか?」も考えておく必要があります。たとえば、依頼者から「年末はいつまでお仕事ですか?」と尋ねられた際に、「大晦日まで仕事です」と回答することが好感度を上げるのだろうか、「この数年間、法律書以外の本を読んだことはありません」とコメントする弁護士に対して、依頼者は相談をしたいと感じるのだろうか、そういう点からも考えてみなければなりません。

 

2 対応指針

 「自分の忙しさ」をアピールすることは、所内的にパートナーからのアサインを断るためには役立つかもしれませんが、対外的な信頼にはつながりません。

 「営業はパートナーになってから始める仕事」ではありますが、アソシエイト時代から知識や教養を蓄積しておかなければ、依頼者の信頼を得ることはできません。案件には手を抜けない中でも、なんとかして「ノンビラブルの時間」を確保する自己管理能力が求められており、捻出した時間を何に使うか?にセンスを問われていると考えるべきです。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。

1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。

2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。

著書:『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)