◆SH1570◆会社法339条2項の解釈の検討(4・完) 岩本文男(2017/12/28)

会社法339条2項の解釈の検討(4・完)

--東京地裁平成29年1月26日判決の検討--

近畿大学法科大学院准教授

弁護士 岩 本 文 男

 

第3 検討

4 損害について

(1) 会社法339条2項の「損害」の範囲について

 判例・通説によれば、同項の「損害」の範囲は、解任されなければ残存任期中及び任期満了時に得られたであろう利益の喪失による損害であると解されている。

 この点、本判決は、同項の損害は「当該解任がなければ当該役員が残存任期中及び任期終了時に得ていたであろう利益の喪失による損害をいう」と判示しており、判例・通説に立つことを明らかにしている。

続きはこちらから

 

(いわもと・ふみお)

平成15年3月   京都大学法学部卒業
平成16年11月   司法試験合格
平成18年10月   弁護士登録(大阪弁護士会)
         弁護士法人淀屋橋・山上合同入所
平成28年4月   近畿大学法科大学院 准教授

 



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
長島・大野・常松法律事務所