◆SH1568◆会社法339条2項の解釈の検討(3) 岩本文男(2017/12/27)

会社法339条2項の解釈の検討(3)

--東京地裁平成29年1月26日判決の検討--

近畿大学法科大学院准教授

弁護士 岩 本 文 男

 

第3 検討

1 本判決の意義

 本判決は、結論としては、取締役の解任に正当な理由がないとして原告の損害賠償請求を認めたものである。判決内容のうち、「正当な理由」の解釈や損害の範囲については、基本的に従来の判例・通説に沿った判断を行ったものと評価できるが、損害についての判断には、従来あまり議論されてこなかった点についての判示がなされている。

 

2 339条2項の法的性質について

 会社法339条2項の法的性質について、判例・通説は、同項の責任は、株主総会による解任の自由の保障と取締役の任期に対する期待の保護との調和を図る趣旨で定められた特別の法定責任であると解している。

続きはこちらから

 

(いわもと・ふみお)

平成15年3月   京都大学法学部卒業
平成16年11月   司法試験合格
平成18年10月   弁護士登録(大阪弁護士会)
         弁護士法人淀屋橋・山上合同入所
平成28年4月   近畿大学法科大学院 准教授

 



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業セミナー
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

西村あさひ法律事務所セミナー
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所