◆SH1523◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(30)組織風土改革運動に関する成功と失敗からの教訓② 岩倉秀雄(2017/12/01)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(30)

―組織風土改革運動に関する成功と失敗からの教訓②―

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、筆者の「組織風土改革運動」に関する成功と失敗の経験から得られた教訓について述べた。

 組織文化の革新は、経営トップ以下全ての階層が参加してそれぞれの役割を果たす必要があり、(中途半端な取り組みは組織への信頼喪失につながるので)、強力なビジョンを構築するとともに、組織内外へのコミュニケーションを重視した総合戦略を設定し、(特に組織文化に起因する不祥事が発生した場合には)迅速・ドラスティックに実施する必要がある。

 今回から複数回にわたり、筆者が、何をきっかけに、なぜ、どう組織風土改革運動を行ったかについて、具体的に述べる。これから組織風土改革運動を実施する予定の組織があれば、若干でも参考になる点があるかもしれない。

 

【組織風土改革運動に関する成功と失敗からの教訓②】

(1) 組織風土改革運動を行った組織の概要

 1950年設立の「酪農民の経済的・社会的地位の向上と国民の食生活に寄与すること」(定款より)を目的に設立された専門農協の全国連合会。酪農と農協経営の指導、生産資材(飼料等)の生産・供給、生産者の生産物である生乳の全国流通、生乳を処理加工し付加価値を付けて一般市場で販売する乳業事業を主な事業として行う。会員農協数は、307(平成8年事件当時)で売上高は約2,000億円(平成8年、農協プラントとしてはトップ)。

(2) 牛乳不正表示事件

 新設の2牛乳工場で、無調整牛乳に生クリーム、脱脂粉乳を混ぜて調整した還元乳を原料の一部に使用し「成分無調整牛乳」と表示して販売した表示違反事件。

 組織ぐるみの実行とされなかったが、法人は監督不行き届きとして、事件に関与した者とともに、食品衛生法および不正競争防止法違反で刑事処分を受けた。また、公取より景品表示法違反として排除命令を受けた。

(3) 事件の影響

 メディアで、「水増し牛乳」として連日報道され、組織イメージは大きく傷つき、消費者団体の不買運動(地元)も発生、生協・スーパー等から一時、 商品撤去や取引停止が発生し、売上げは大幅にダウン、市乳の売上げは半分以下になった。

 組織は、乳業部門を別会社化し他社との提携で再起を図ったが、提携先が2度の不祥事発生により経営悪化し、結局、更に他組織とともに3者合併の市乳会社を設立した。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。