◆SH1493◆実学・企業法務(第93回) 齋藤憲道(2017/11/13)

実学・企業法務(第93回)

第3章 会社全体で一元的に構築する経営管理の仕組み

同志社大学法学部

企業法務教育スーパーバイザー

齋 藤 憲 道

 

3. リスク・マネジメント

(2) リスク管理のための枠組みの設計

  1. (再掲)各項目の末尾の印は、次の事項に関係が強いと筆者が考えて記したものである。
    コーポレート・ガバナンス○ 内部統制システム□ リスク・マネジメント◇ コンプライアンス☆

⑴ 枠組みの設計は、次の1~7の事項を概ねこの順で行う。

  1. 1 組織及び組織の状況の理解 (下記⑵に詳細を記す。)
  2. 2 リスクマネジメント方針の確定  ○□◇☆
    〔通常取り扱われる事項〕
    組織の合理性、組織の目的・方針、管理運用、利益相反への対処、運用に必要な資源の配分、成果の測定・報告、レビュー・改善
    (筆者注)これらは、「内部統制」の仕組みを構築する際の検討項目である。
  3. 3 アカウンタビリティ  ○□
    (注) 責任ある行動を行ってステークホルダーに対する責任を負うことを意味する。実践・維持管理等を行うための権限・力量等の裏付けが必要である。単なる説明責任ではない。
  4. 4 組織のプロセスに組み込んで統合  □
  5. 5 マネジメントに必要な資源を配分  □ 
  6. 6「内部」のコミュニケーション及び報告の仕組みの確定  □
  7. 7「外部」のコミュニケーション及び報告の仕組みの確定  □

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(さいとう・のりみち)

1971年東京大学法学部卒業。同年松下電器産業㈱に入社し、営業、経理、経営企画、法務の業務を担当。松下電子部品㈱経営企画室長、松下電器産業㈱法務本部法務部長、JVC・ケンウッド・ホールディングス㈱監査役等を経て、2009年パナソニック㈱を退職。損害保険ジャパン日本興亜㈱ 業務品質・コンプライアンス委員会委員長を歴任。

また、内閣府消費者委員会委員(2015年秋退任)、消費者安全調査委員会臨時委員(現)、製品事故判定第三者委員会合同会議議長(現。消費者庁と経済産業省合同)、国民生活センター紛争解決委員会委員(現)、経済産業省産業構造審議会臨時委員、神戸市公正職務審査会委員(現)

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索