◆SH1451◆監査役協会、「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」を改定 (2017/10/23)

監査役協会、「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」を改定

--監査法人のガバナンス・コードへの対応等--

 日本監査役協会は10月13日、「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」を改定し、公表した。

 同実務指針は、監査役協会が平成27年11月10日に公表していたものであるが、金融庁が今年3月31日に「監査法人の組織的な運営に関する原則」(以下、「監査法人のガバナンス・コード」)を策定したことを受け、今般、改定を行ったものである。

 本実務指針の構成は、以下のようになっている。

○「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」の構成
はじめに

 第1 本指針の趣旨及び位置付け
 第2 評価基準策定に際しての留意点
 第3 選定基準策定に際しての留意点
 第4 本指針の利用に際して

第1部 会計監査人の評価基準策定に関する実務指針
 第1 監査法人の品質管理
 第2 監査チーム
 第3 監査報酬等
 第4 監査役等とのコミュニケーション
 第5 経営者等との関係
 第6 グループ監査
 第7 不正リスク

第2部 会計監査人の選定基準策定に関する実務指針
 第1 監査法人の概要
 第2 監査の実施体制等
 第3 監査報酬見積額

付録
 「会計監査人の評価基準項目例の時系列表示」
 監査調書例
 用語解説
 参考図
 

 監査役協会によると、「監査法人のガバナンス・コードは、大手監査法人を念頭に、組織としての監査の品質の確保に向けた原則を扱っており、監査法人の品質管理の状況を確認・評価するに際しては有用なものである」として、「本実務指針も、監査法人のガバナンス・コードの実施を受けて、会計監査人の評価及び選定に当たり必要と考えられる項目を織り込んだ」としている。

 今回の改定に際しては、監査役協会の会計委員会(委員長=岡田譲治・三井物産常勤監査役)で検討を行い、監査法人のガバナンス・コードへの対応に加え、公認会計士・監査審査会の検査結果通知書の記載内容の紹介、現場の監査チームやグループ監査について、評価項目の充実を図ったとされている。

続きはこちらから

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索