◆SH1418◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(14)-組織文化の革新の理論的考察⑤ 岩倉秀雄(2017/10/03)

 コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(14)

――組織文化の革新の理論的考察⑤――

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、古い概念に変わる新しい概念を学ぶメカニズムについてシャインを基に検討し、(1)組織が組織文化の革新を成功させるためには、新しい概念や価値観を組織成員に内面化  させる必要があること、(2)そのためには、組織の成員に心理的安全性を生み出すとともに、新しい行動を明確に定義し、その行動が自分と組織にとってより望ましい結果をもたらすという確信を持たせる必要があること、(3)経営トップが、行動を主導し、社会の求める方向と一致していることを認識させる必要があること等、を述べた。

 今回は、成熟期の組織における組織文化革新のメカニズムについて考察する。

 

1. 組織文化革新のメカニズム

 成熟期の組織における組織文化の革新では、様々なサブカルチャーが発達し機能不全となる文化的要素も生まれていることを踏まえ、古い考え方や行動様式の学習棄却が必要になるが、それに対する抵抗も生まれる。

 筆者の実践経験では、リーダーの強力なコミットメントとリーダーにより任命された革新チームの移行過程の管理が、特に重要になると思われる。シャインは、これを「計画・管理された文化変革」と呼び、チェンジリーダーと革新チームが同時並行的に作用する体系的プロセスが必要であるとする。[1] その際、革新チームを組織の境界に位置づけ、新しい考え方に触れさせることにより、既存の文化の強みと弱みを客観的に判断できるようにすることが重要であると述べている。

 文化革新の手順は、1.革新の必要性の確認→2.どんな組織になりか(理想的将来像)→3.そのために誰が、何をしなければならないか(現状と理想のギャップを埋める方法を考える)→4.移行過程の管理(移行過程で生じる混乱・抵抗・対立を削減する)(下図参照)となる。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。

 



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業2021年10月8日セミナー
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

slider_image1
slider_image2