◆SH1387◆弁護士の就職と転職Q&A Q15「司法試験の合格順位の低さは取り戻し可能なのか?」 西田 章(2017/09/11)

弁護士の就職と転職Q&A

Q15「司法試験の合格順位の低さは取り戻し可能なのか?」

西田法律事務所・西田法務研究所代表

弁護士 西 田   章

 

 司法試験の合格発表がなされると、合格者は、とりあえず、法曹としてのキャリア養成の「次のステージ」に進むことが認められて、ホッと息をつくことができます。しかし、合格発表後の就職活動においては、「順位」によって自己を値踏みされてしまうという場面も待ち受けています。そこで、今回は、司法試験の合格順位が、その後のキャリアに与える影響を整理してみたいと思います。

 

1 問題の所在

 旧司法試験時代は、「司法試験は合格すれば修習生はみな平等」の思想が支配的でした。そもそも合格順位は、本人にも開示されていなかったので、司法試験の合格順位を気にしているのは任官希望者だけでした(司法試験の結果がよいと裁判官に勧誘されやすいためですが、実際には、裁判官としてのキャリアにとっては、司法試験ではなく、二回試験の結果が重要であると言われています)。

 弁護士のキャリアにとっては、「年配者は、修行に長い年月を要する渉外は向かない」とか「若年で独立しても客の信頼を得られない」という傾向はありましたが、合格順位で、弁護士としての優劣を見極めようという発想はありませんでした。

 司法制度改革を経て、就活で「順位」が注目を集めるようになったのは、採用側から「合格人数が増えて、合格者の質が下がったのではないか?」という懸念を抱かれるようになったことも影響しているのかもしれませんが、それ以上に大きいのが、就活の仕組みが「縁故」から「公募」に切り替わってきた手続面です。人気のある法律事務所が「公募」で100人以上の申込みを得た場合に、面接に呼ばれるだけでも、倍率10倍以上の書類選考を通過しなければなりません。書類選考の足切りで、もっとも効率的で形式的に平等な選考基準は、合格順位です。そのため、合格順位の低い者の中に「どこの法律事務所を受けても、いつも書類選考で落ちてしまう」という無限ループに陥る人が出て来てしまいます。その無限ループを解消する術はあるのでしょうか。

 

2 対応指針

 司法試験の高成績が弁護士としての優秀さを担保するものではありません(実際、通常の訴訟業務は「事実認定」が中心であり、法解釈ではありません)。司法試験の順位が重視されるのは、就活(第二新卒を含む)までであり、それ以降は、「弁護士としての経験」が最重視されます(クライアントが顧問弁護士を選ぶのに「合格順位」を尋ねることもありません)。

 就活において「書類選考落ちの無限ループ」に陥ってしまうのは、「合格順位で劣後するだけでなく、それ以外にも『面接に呼んで会ってみたい』と思わせる材料が何も見当たらない」からです。司法試験の合格順位が低い者は、「合格順位は低くても、こういう経験・能力・人脈があります」という点を自ら主張立証する責任を負っていると考えるべきです。または、「自分よりも合格順位が高い人が応募していない先で、良い経験が積める職場はどこか?」というポジショニングに頭を使うべきです。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。

1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。

2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。

著書:『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)

 



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)