◆SH1367◆公取委、アマゾン・サービシズ・インターナショナル・インクからの電子書籍関連契約に関する報告について公表 (2017/08/29)

公取委、アマゾン・サービシズ・インターナショナル・インクからの電子書籍関連契約に関する報告について公表

--Amazon.co.jpウェブサイト上での電子書籍関連契約における「同等性条件」について自発的な措置を講ずる--

 

 公正取引委員会は8月15日、Amazon.co.jpウェブサイト上で電子書籍の配信事業を行っているアマゾン・サービシズ・インターナショナル・インク(以下「ASII」)から、同ウェブサイト上で配信される電子書籍に関する出版社・流通業者(以下「出版社等」)との間の契約(以下「電子書籍関連契約」)において定められている「同等性条件」(以下「本件同等性条件」)について、自発的な措置を講じるとの報告を受けたことを公表した。

 公取委では、上記の措置により、本件同等性条件の競争への影響に係る懸念は解消するものと判断したとしている。

 アマゾンの関係では、6月1日に、アマゾンジャパン合同会社がAmazonマーケットプレイスの出品者との間の出品関連契約において、価格等および品揃えの同等性条件を定めることにより出品者の事業活動を制限している疑いがあるのではないかとの審査に関し、アマゾン側から「自発的な措置を速やかに講じる」との申出がなされ、その内容を検討したところ、上記の疑いを解消するものと認められたことから、審査を終了することを公表しているところである。

 以下、今回のASIIからの電子書籍関連契約に関する報告についての公取委の公表内容の概要を紹介する。

続きはこちらから

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索