◆SH1320◆コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(6)-組織のライフサイクルと組織文化① 岩倉秀雄(2017/08/01)

コンプライアンス経営とCSR経営の組織論的考察(6)

――組織のライフサイクルと組織文化①――

経営倫理実践研究センターフェロー

岩 倉 秀 雄

 

 前回は、組織文化を革新するために必要な筆者の視点を補足するとともに、組織文化の革新を実践する上で知っておくべき組織文化の一般的な特性を述べた。

 簡単に言うと、組織文化の影響力が組織内に広く深く及ぶことを踏まえ、組織文化革新の明確で強力なビジョンを構築するとともに、旧組織文化の影響の下に形成された組織内の様々な仕組みや意思決定プロセスも同時に革新することが、組織文化革新を成功させる上で必要であることを述べた。

 また、組織文化の特性として、①組織文化は過去の成功期間が長いほど、成功パターンが同質なほど強化・固定されること、②組織文化を形成・革新できるのは、組織のリーダー(経営トップ)だけであること、③組織文化が状況や戦略と適合・調和した時に、優れた成果を上げることができること、④組織文化とイノベーションは必ずしもトレード・オフの関係ではなく、イノベーションを促進する組織文化もあり、そのような組織は成功可能性が高いこと、⑤組織文化は、マクロカルチャー(民族、国や地域のカルチャー)とサブカルチャー の影響を受けることについて述べた。

 今回から複数回、組織文化と組織のライフサイクルの関係について、シャインをベースに考察する。まず、組織文化が組織創生以来の成功の積み重ねにより形成され、組織の成員により共有されたものであることから、草創期の組織文化が形成される過程について、学説の紹介だけではなく、筆者の日本ミルクコミュニティ(株)及び日本トライアスロン協会の創業にかかわった経験を踏まえた見解を述べる。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(いわくら・ひでお)

経営倫理実践研究センターフェロー、日本経営倫理士協会主任フェロー研究員。

1976年北海道大学農学部卒、全国酪農業協同組合連合会(全酪連)に入会し、全酪連乳業統合準備室長兼日本ミルクコミュニティ(株)設立準備委員会事務局次長、日本ミルクコミュニティ初代コンプライアンス部長。雪印メグミルク(株)社史編纂室で、『日本ミルクコミュニティ史』と『雪印乳業史第7巻』を編纂(共著)し、2016年10月よりCSR部に異動。

青山学院大学大学院修士課程修了、雪印メグミルク(株)時代に、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース博士後期課程を単位取得退学。

なお、業務の傍ら、トライアスロンの草創期にハワイ等のアイアンマンレースを3回完走した。