◆SH1269◆タカタ株式会社ほか2社が民事再生法適用申請 村上雅哉(2017/07/04)

タカタ株式会社ほか2社が民事再生法適用申請

岩田合同法律事務所

弁護士 村 上 雅 哉

 

 タカタ株式会社(以下「タカタ」という。)が、平成29年6月26日、東京地方裁判所に民事再生手続を申し立てた。

 タカタに対する売上が大半を占める関連会社のタカタ九州株式会社、タカタサービス株式会社についても、タカタからの売掛金の回収が滞ることで事業継続に支障を来すとして、同日に民事再生手続が申し立てられている。また、タカタの米国子会社もデラウェア州連邦破産裁判所に米連邦倒産法11章に基づく手続を申請している。

 タカタ製のエアバッグのインフレータが破裂しその金属片による死亡事故等が生じるなど、インフレータ関連の不具合が判明し、平成20年11月以降、各自動車メーカーが自主回収等の市場措置を実施したことから、タカタは各自動車メーカーに対し、多額の潜在的な負債を負担することとなった。また、タカタは、インフレータ関連の不具合に関して、平成29年1月に米国司法省との間で司法取引に合意し、罰金2500万米ドル、被害者補償基金拠出義務1億2500万米ドルおよび各自動車メーカー損害補償の8億5000万米ドルを負担することとなった。タカタは、金融機関や各自動車メーカーとの間で私的整理によって再建に向けた交渉を行ってきたが、金融機関の取引条件の悪化など信用収縮が進むとともに、サプライヤーからも前払いでの納入を求められるようになり、資金繰りに行き詰って、民事再生申立てに至った模様である。

続きはこちらから

 

(むらかみ・まさや)

岩田合同法律事務所パートナー。2001年東京大学法学部卒業。2003年弁護士登録。破産手続、民事再生や会社更生などの法的整理(債権者側および債務者側の双方から関与)や私的整理などの倒産案件や債権回収案件を中心に、上場企業、非上場企業のほか地方公共団体などを依頼者とする多種多様な案件について幅広い経験を有する。

岩田合同法律事務所 http://www.iwatagodo.com/

<事務所概要>

1902年、故岩田宙造弁護士(後に司法大臣、貴族院議員、日本弁護士連合会会長等を歴任)により創立。爾来、一貫して企業法務の分野を歩んできた、我が国において最も歴史ある法律事務所の一つ。設立当初より、政府系銀行、都市銀行、地方銀行、信託銀行、地域金融機関、保険会社、金融商品取引業者、商社、電力会社、重電機メーカー、素材メーカー、印刷、製紙、不動産、建設、食品会社等、我が国の代表的な企業等の法律顧問として、多数の企業法務案件に関与している。

<連絡先>

〒100-6310 東京都千代田区丸の内二丁目4番1号丸の内ビルディング10階 電話 03-3214-6205(代表)

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所

TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
岩田合同法律事務所