◆SH1264◆金融庁、「監査報告書の透明化」について公表(2017/06/30)

金融庁、「監査報告書の透明化」について公表

−−監査人が着目した会計監査上のリスクなど監査上の主要な事項(KAM)を監査報告書に記載−−

 

 金融庁は6月26日、「監査報告書の透明化」について公表した。

 会計監査をめぐっては、会計監査を取り巻く環境の変化や不正会計事案等を契機として、その信頼性を問われている。

 監査報告書において、財務諸表の適正性についての意見表明に加え、監査人が着目した会計監査上のリスクなどを記載する「監査報告書の透明化」について、監査報告書の情報価値の向上を目的として、国際監査・保証基準審議会(IAASB)の定める国際監査基準に導入されたことなどを受けて、欧州やアジアの主要国等において導入が進められており、米国でも、公開会社会計監督委員会(PCAOB)が「監査報告書の透明化」のための監査基準を公表したところである。

続きはこちらから

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業セミナー
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

西村あさひ法律事務所セミナー
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所