◆SH1262◆日本企業のための国際仲裁対策(第43回) 関戸 麦(2017/06/29)

日本企業のための国際仲裁対策

森・濱田松本法律事務所

弁護士(日本及びニューヨーク州)

関 戸   麦

 

第43回 和解その1

1. 重要性

 民事紛争の解決方法は、基本的に、①判決、仲裁判断等の強制力ある判断によるか、あるいは、②和解という任意の合意によるかの二通りである。①と②のいずれが望ましいかを検討することは、民事紛争における重要な視点であり、換言すれば、和解は解決方法の選択肢の一つとして念頭に置くべきものである。

 ②和解による解決のメリットとしては、①判決、仲裁判断等による解決との対比において、一般に次の各点が指摘されている。

  1.  •  法律という硬直的な枠組みに縛られることなく、事案の実態に即した処理が可能である(柔軟な解決)
  2.  • (訴訟、仲裁等の手続を最後まで続けた場合よりも)時間、労力、金銭コスト等を、軽減できる
  3.  •  和解の方が、判決、仲裁判断等よりも、任意に履行される確率が高い

 さらに、国際仲裁の場合は、訴訟との違いである次の2点が、和解に関して意味を持ちうる。

  1.  •  上訴がない
  2.  •  弁護士費用の敗訴者負担が認められる(勝訴すれば自らの弁護士費用を相手方から回収できる一方、敗訴した場合には相手方の弁護士費用まで負担しなければならない可能性がある)

 すなわち、国際仲裁手続においては、敗訴した場合に、①是正の余地がほとんどない、②相手方の弁護士費用まで負担しなければならない可能性がある、という二つの点において、敗訴リスクに訴訟の場合より重い意味がある。そのため、敗訴リスクを回避するために和解をするという動機が、訴訟の場合よりも強く働きうる。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(せきど・むぎ)

森・濱田松本法律事務所パートナー弁護士。訴訟、仲裁等の紛争解決の分野において、Chambers、Legal 500等の受賞歴多数。『日本企業のための米国民事訴訟対策』(商事法務、2010年)等、国際的な紛争解決に関する執筆、講演歴多数。
1996年東京大学法学部卒業、 1998年弁護士登録(第二東京弁護士会)、森綜合法律事務所(現在森・濱田松本法律事務所)入所、2004年シカゴ大学ロースクール(LL.M)卒業、 ヒューストン市Fulbright & Jaworski法律事務所にて執務、2005年ニュ-ヨーク州弁護士登録、2007年東京地方裁判所民事訴訟の運営に関する懇談会委員、2009年日本弁護士連合会民事裁判手続に関する委員会委員(現在副委員長)、2012年第二東京弁護士会司法制度調査会訴訟法部会部会長等。