◆SH1255◆弁護士の就職と転職Q&A Q5「就活は『寄らば大樹の陰』が無難なのか?」 西田 章(2017/06/26)

弁護士の就職と転職Q&A

Q5「就活は『寄らば大樹の陰』が無難なのか?」

西田法律事務所・西田法務研究所代表

弁護士 西 田   章

 

 中小の法律事務所の採用担当パートナーからは「最近の受験生は『寄らば大樹の陰』の発想で困る」という愚痴を聞かされます。これは、採用活動で大手の法律事務所との競り合いに敗れた際に現れる言葉です。中小の事務所のパートナーには、「弁護士とは本来、一個人の経験とスキルで評価されるべきもの」という信念がありますが、併せて「大手の事務所は組織的に採用活動をできて羨ましい」という思いも伺われます。今回は、「安定志向で大手を選ぶことが正しい」と一般的に言えるのかどうかの問題を取り上げてみます。

 

1 問題の所在

 業務内容を比較すれば、大手の事務所には、大手の魅力があり、中小の事務所には中小の魅力があるため、どちらか一方が優れているということはありません。大手には、一部上場企業や外国クライアントを代理した巨大ディールや大規模な危機管理案件が集まる傾向があります。最先端の法律問題について優秀な同僚とチームを組んで議論する機会も多いです。他方、中小の事務所には、大企業だけでなく、中小企業や個人の依頼者も扱いやすいですし、小さな紛争案件を自分で主体的に解決する経験(訴訟における証人尋問も含めて)を積みやすく、早期に独り立ちしやすい(独立もしやすい)というメリットもあります。

 しかし、「就活」として、両方の選択肢を持った受験生が、自分で判断するのでなく、家族や友人への相談を重ねると、大手事務所を選びやすくなる傾向が強くなります。知名度が高く、学生時代の優秀な先輩が数多く就職しており、情報量が多い大手の法律事務所には安心感があります。民事訴訟的に言えば、「主張・立証責任は中小事務所に課されており、どちらに行きたいかを決められない真偽不明の状態であれば、大手を選んでおいたほうが無難」という意思決定がなされる光景が数多く見られます。このように、「寄らば大樹の陰」的な発想はキャリア選択として合理的と言えるのでしょうか。

 

2 対応指針

 大手の法律事務所で働く機会を得ることは、企業法務に携わる弁護士として極めて有益なものですが、それは「安定しているから」ではありません。法律事務所の経営が安定していることは、中で働くアソシエイトの雇用の安定を意味するわけではありません。むしろ、要求水準に満たないとみなされると(中小の事務所以上に)失職のリスクが高いと覚悟しておくべきだと思います。優秀な同期と切磋琢磨することを通じて国内の最高水準まで専門性を高めたい、という積極的な理由から選択すべきだと思います。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。

1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。

2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。

著書:『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)