◆SH1182◆顧客本位の業務運営に関する原則の概要(第3回) 有吉尚哉(2017/05/24)

顧客本位の業務運営に関する原則の概要(第3回)

西村あさひ法律事務所

弁護士 有 吉 尚 哉

 

5 個別の原則に関する実務対応

 本原則には顧客本位の業務運営に有用となる7項目の原則が掲げられている。以下では、それぞれの原則について、概説の上、実務対応上の一般的な留意点を説明する。

(1) 原則1:方針の策定・公表

【顧客本位の業務運営に関する方針の策定・公表等】

原則1.金融事業者は、顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針を策定・公表するとともに、当該方針に係る取組状況を定期的に公表すべきである。当該方針は、より良い業務運営を実現するため、定期的に見直されるべきである。

 原則1は、金融事業者に、①顧客本位の業務運営を実現するための方針の策定・公表・定期的な見直し及び②当該方針に従った顧客本位の業務運営の取組状況の定期的な公表を求めるものである。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(ありよし・なおや)

西村あさひ法律事務所パートナー弁護士。2001年東京大学法学部卒業。2002年西村総合法律事務所入所。2010年~2011年金融庁総務企画局企業開示課専門官。現在、金融法委員会委員、日本証券業協会「JSDAキャピタルマーケットフォーラム」専門委員、京都大学法科大学院非常勤講師。主な業務分野は、資産流動化取引その他の金融取引、信託取引、金融関連規制対応等。

西村あさひ法律事務所 https://www.jurists.co.jp/

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所