◆SH1174◆経団連、「ダイバーシティ・インクルージョン社会の実現に向けて」を公表(2017/05/19)

経団連、「ダイバーシティ・インクルージョン社会の実現に向けて」を公表

--LGBTの人々に関する対応に焦点--

 

 日本経済団体連合会は5月16日、「ダイバーシティ・インクルージョン社会の実現に向けて」を公表した。

 わが国の最重要課題の一つとされている「ダイバーシティ(多様性)・インクルージョン(包摂)社会」の実現に向けて、経団連では、①女性の活躍推進、②若者・高齢者の活躍支援、③働き方改革、④高度外国人材の受け入れ促進、⑤バリアフリー社会の実現、等に取り組んできたところである。

 今般、経団連では、ダイバーシティ・インクルージョン社会を実現する上で重要な要素の一つである「LGBT(性的マイノリティ)」の人々に関する対応に焦点を当て、本提言をまとめたものである。本提言は、LGBTという言葉についての概説、LGBTに関する国内外の動向の紹介を行った上で、わが国企業による取組みの方向性を示すものとなっている。

続きはこちらから

 

〈関連リンク〉