◆SH1155◆経産省、「第四次産業革命を視野に入れた不正競争防止法に関する検討--中間とりまとめ」を公表(2017/05/12)

経産省、「第四次産業革命を視野に入れた不正競争防止法に関する検討--中間とりまとめ」を公表

--データの利活用の促進に向けて不正競争防止法・関連政令の改正を検討--

 経済産業省は5月9日、産業構造審議会知的財産分科会の「営業秘密の保護・活用に関する小委員会」(小委員長=岡村久道・京都大学大学院医学研究科・弁護士)による「第四次産業革命を視野に入れた不正競争防止法に関する検討--中間とりまとめ」を公表した。同小委では、第四次産業革命に向けたデータの保護のあり方を中心に不正競争防止法に係る課題につき審議を行っており、今回の中間とりまとめは当面対応すべき事項を明らかにしたものである。

 中間とりまとめによると、データ利活用の促進に向けて、安心して、他者とデータを共有したり、オンラインで外部のAI等のプログラムやストレージ等のサービスを利用できる環境が必要であるとして、実際の取引実態やニーズ等を十分踏まえた上で新たな制度を創設し、どのような行為がこの「悪質性の高い」行為に当たるかについて検討するとしている。

続きはこちらから




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業セミナー
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

西村あさひ法律事務所セミナー
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所