◆SH1137◆企業法務への道(8)―拙稿の背景に触れつつ― 丹羽繁夫(2017/04/28)

企業法務への道(8)

―拙稿の背景に触れつつ―

日本毛織株式会社

取締役 丹 羽 繁 夫

《都留重人先生と背広ゼミ》

 1973年9月より参加が許された、都留重人先生(当時、一橋大学学長)主催の背広ゼミとの出会いは、大学4年に遡る。大学3年のときに受講した青山秀夫教授(当時、京都大学経済研究所教授で、マックス・ウェーバーの研究者でもあった)による経済原論の講義では、当時の標準的な教科書であったサムエルソン『経済学』上・下巻(岩波書店)が使用されたが、マクロ経済学についての自身の理解を深めたいとの思いから、偶々書店で手にしたのがガードナー・アクリー『マクロ経済学の理論』I、II、III[1](岩波書店、1964年4月、1965年4月、1969年8月)であった。都留先生は、その「訳者序文」に、

  1.  「本書は、1961年の春公刊されたが、その当時私はアメリカにいて、多くの友人から、現代マクロ経済学の教科書として、アクリーの著書が一頭地を抜くものであると教えられ、・・・その年の夏のハーヴァード大学夏期講座では、これを教科書に使って講義した。アクリーが、長年にわたって、ミシガン大学で教えながらつくりあげた書物だけに、かゆいところにも手がよく行きとどいていて、類書の追随を許さない。・・・私は、1961年秋、日本に帰ってから、この書物を、私の主催する『背広ゼミ』の教科書として利用した。『背広ゼミ』とは、大学を出て銀行や会社などに就職した若い人たちが、大学時代の勉強をすこしでも続けたいとて、隔週に1回、夕食後の時間をさいて、私の家に集まり、もう15年も続けてきた研究会である[2]。・・・長く続いた研究会でもあることだし、何か一つ記念の仕事を共同でしようというので、おもいたって、本書の邦訳をすることにした。」(I巻、v・vi頁)

と記されている。この邦訳分担者の中に、当時日本興業銀行に勤務されていた大場康正氏がおられ、同行との懇親会の席で、私は、大場氏がこの本の邦訳分担者の一人に名を連ねておられたことを記憶していて、同氏にその旨を確認すると、同氏より私も参加されては如何かとご親切なお申出でがあり、都留先生のお許しを得て、1973年9月のある一夕、当時赤坂8丁目にあった先生のご自宅を訪ね、私の背広ゼミとのご縁が始まった。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

丹羽 繁夫 (日本毛織株式会社取締役)

(略歴)
1948年愛知県生まれ。1971年京都大学法学部卒業後、(株)日本長期信用銀行に入行。同行法務部長を経て、2000年コナミ(株)法務部長、2003年同社執行役員(法務・知的財産本部長)就任。2008年財団法人日本品質保証機構参与、2013年日本毛織(株)監査役、2017年同取締役就任。

 「コーポレート・ガバナンスをめぐる法律上・規制上のフレームワーク」『米国のコーポレート・ガバナンスの潮流』所収(商事法務、1995)、「インサイダー取引規制の基礎となる重要事実の発生と認定」金法1545号(1999)、「ゲームソフトの著作物性をめぐる判例の展開と考察」(半田正夫先生古稀記念論集『著作権法と民法の現代的課題』所収、法学書院、2003)、「プロ野球選手のパブリシティ権をめぐる諸問題-東京地判平18・8・1が積み残した課題」NBL858号(2007)、「『ロクラク』著作権侵害差止等請求事件控訴審判決の検討-東京高判平21.1.27」NBL935号(2010)、商事法務タイムライン(2014年10月6日)「ヤフー事件判決(東京地裁平成26年3月18日)の争点と課題」、ほか多数。 

 



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索