◆SH1133◆ブラジル商標制度の概要(1) 谷口 登(2017/04/26)

ブラジル商標制度の概要(1)

西村あさひ法律事務所

弁理士 谷 口   登

 

1 はじめに

 ブラジルGDP成長率は、2015年は、-3.8%、2016年は、-3.6%と2年連続でマイナス成長を記録しているとはいえ、依然として中南米の経済規模の国であり、市場的に魅力のある国であることには変わりはない。

 一方、2016年12月に世界税関機構(WCO)から公表された情報によると、2015年にブラジルにて摘発された模倣品等の数量は、世界第6位と多い。知的財産権のうち、模倣品対策上、特に重要となってくるのは、商標権と著作権である。本稿では、ブラジル商標制度のうち、まずは、出願・登録の状況、登録の対象並びに出願から登録までの手続を俯瞰したい。

 

2 ブラジル商標出願・登録の状況

 ブラジルへの商標出願の件数は、INPI及びWIPOの情報によると、2014年は157016件、2015年は158709件、2016年は166368件と1年間に15万件以上の商標出願がされている。登録件数は、2014年は85738件、2015年は116050件となっている。

続きはこちらから

この他のラテンアメリカ法務情報はこちらから

 

(たにぐち・のぼる)

西村あさひ法律事務所弁理士。1997年弁理士登録。1997年~2008年複数の法律事務所・特許事務所、2008年~2014年協和特許法律事務所の勤務を経て、2015年西村あさひ法律事務所入所。国内外の商標出願及び意匠出願案件、国内外の知財紛争及び模倣品対策等に注力している。

西村あさひ法律事務所 https://www.jurists.co.jp/

当事務所は、現在500名を超える弁護士・外国弁護士その他の専門家を擁するわが国最大の総合法律事務所です。
その取扱業務は、国内外を問わず、企業の経済活動に関係するビジネス法務分野に及んでおり、取り分け、複数の専門分野を跨ぐ総合的な能力が必要とされる案件、高度の専門性に基づく処理能力が必要とされる先端的な案件、短期集中的な機動力の発揮が必要とされる案件などについて効率的で高い付加価値を有するリーガルサービスを提供しています。
また、国際業務分野の一層の強化の一環として、特に21世紀の世界経済発展の原動力となるべきアジア地域におけるネットワーク拡大を目指し、バンコク、北京、上海、ハノイ、ホーチミン、ジャカルタ*、シンガポール、ヤンゴンに事務所を開設し、また、香港には連絡先事務所を有するとともに、北米や欧州はもちろん、中南米、アフリカ、中東等についてもそれぞれプラクティスチームを設置し、現地の有力な法律事務所のネットワーク等も活かしてリーガルサービスを提供しております。
さらに、2012年8月には、当事務所の基本理念の下、国際的なネットワークや実績を活かしたリーガルサービスを日本国内で更に幅広く提供するため、弁護士法人西村あさひ法律事務所を設立し、名古屋、大阪に事務所を開設し、2013年7月には福岡に事務所を開設いたしました。これらのネットワークの充実により、ボーダレスな企業法務のワンストップ・サービスをこれまで以上に広く提供してまいります。

* 提携事務所

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業セミナー
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

西村あさひ法律事務所セミナー
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所