◆SH1070◆最三小判 平成29年1月31日 養子縁組無効確認請求事件(木内道祥裁判長)

【判示事項】

 専ら相続税の節税のために養子縁組をする場合と民法802条1号にいう「当事者間に縁組をする意思がないとき」

 

【判決要旨】 

 専ら相続税の節税のために養子縁組をする場合であっても、直ちに当該養子縁組について民法802条1号にいう「当事者間に縁組をする意思がないとき」に当たるとすることはできない。

 

【参照条文】

 民法802条1号

 

【事件番号等】

 平成28年(受)第1255号 最高裁平成29年1月31日判決 破棄自判 養子縁組無効確認請求事件(民事判例集登載予定)

 原 審:平成27年(ネ)第5161号 東京高裁平成28年2月3日判決
 原々審:平成26年(家ホ)第56号 東京家裁平成27年9月16日判決

 

【判決文】

 

【解説文】

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業2021年10月8日セミナー
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

slider_image1
slider_image2