◆SH0983◆日本企業のための国際仲裁対策(第22回) 関戸 麦(2017/01/26)

日本企業のための国際仲裁対策(第22回)

森・濱田松本法律事務所

弁護士(日本及びニューヨーク州)

関 戸   麦

第22回 国際仲裁手続の序盤における留意点(16)-仲裁人の選任等その7

8. 仲裁人の忌避

(1) 忌避事由

 仲裁人の忌避とは、特定の仲裁人を排除するための手続である。当事者からの申立てにより行われる。

 その理由となるのは、基本的には第19回で述べた仲裁人としての資格要件を欠くことである。但し、具体的な忌避事由は、各国の仲裁法規や、各仲裁機関の仲裁規則によって定められているため、適用される法規又は規則を確認する必要がある。例えば、日本の仲裁法では、忌避事由は、①当事者の合意により定められた仲裁人の要件を具備しないことと、②仲裁人の公正性又は独立性を疑うに足る相当な理由があることである(18条1項)。

 なお、自らが指名した仲裁人については忌避事由が限定され、その選任後に認識した事項しか、忌避事由にできないとされている(日本の仲裁法18条2項、SIAC規則14.2項、HKIAC規則11.6項、JCAA規則31条2項がある)。自らが指名している以上、認識していた事項については忌避による保護を与える必要がない、ということである。

続きはこちらから

バックナンバーはこちらから

 

(せきど・むぎ)

森・濱田松本法律事務所パートナー弁護士。訴訟、仲裁等の紛争解決の分野において、Chambers、Legal 500等の受賞歴多数。『日本企業のための米国民事訴訟対策』(商事法務、2010年)等、国際的な紛争解決に関する執筆、講演歴多数。
1996年東京大学法学部卒業、 1998年弁護士登録(第二東京弁護士会)、森綜合法律事務所(現在森・濱田松本法律事務所)入所、2004年シカゴ大学ロースクール(LL.M)卒業、 ヒューストン市Fulbright & Jaworski法律事務所にて執務、2005年ニュ-ヨーク州弁護士登録、2007年東京地方裁判所民事訴訟の運営に関する懇談会委員、2009年日本弁護士連合会民事裁判手続に関する委員会委員(現在副委員長)、2012年第二東京弁護士会司法制度調査会訴訟法部会部会長等。

 



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所

slider_image1
slider_image2

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所