◆SH0964◆第三者委員会の役割と機能 第1回 久保利英明(2017/01/13)

第三者委員会の役割と機能

第三者委員会とは何か――その概要と役割 (第1回)

日比谷パーク法律事務所代表

弁護士 久保利 英 明

 

Ⅰ 第三者委員会の本質とは何か

1. 第三者委員会の意義、役割

 (1) 第三者委員会の意義

 第三者委員会とは何でしょうか。その定義が法律で定められているわけではありません。一昨年、日本取引所自主規制法人から「上場会社における不祥事対応のプリンシプル」が公表されました。しかし、これは、あくまでも原理・原則を示すものであって、ルールではありません。そこに書いてある考え方の下でやれば大筋まちがいがないでしょうという性質のものです。その意味で、遵守すべきもの、または、違反するとペナルティーが科せられるというものではありません。

 第三者委員会とは典型的なソフトローです。「ソフト・ソフト」の状態からスタートしたものです。私は早くから第三者委員会の実務に携わってきた経験から、第三者委員会の意義を次のように理解しています。

 すなわち、日本にコンプライアンスやガバナンスというものをしっかりと根付かせるためには、市場(マーケット)の構成員である企業において自浄作用が発揮されなければなりません。自浄作用がない企業はまともではありません。さらに、まともでない企業が多く集まる国は、まともな国家にはならないでしょう。もし企業が自らの自浄作用をもってその組織風土を変えていこうとするならば、そのお役に立ちたいというのが第三者委員会であるとご理解いただければと思います。

 (2) 役割は何か?

 次に、第三者委員会の具体的な役割は何でしょうか。3点に集約できます。第1に、事実を確定するために調査を行う役割です。しかし、それだけでは自浄作用の発揮にはつながりません。そこで、第2に、事実をもとに原因を究明する役割です。ここに言う原因とは表面的なものではなく、本当の原因つまり「真因」を明らかにすることが事実調査の次に来る役割だと考えています。

 第3に、真因が明らかになれば、真因を是正し再発を防止するために必要なことを提言します。即ち、再発防止のための提言・提案をする役割です。

 (3) 独立性と協働関係

 これらの役割を果すために、最も留意すべきなのが利益相反です。すなわち、会社の求めているものを忖度し過ぎて調査に手心を加えたり、もちろん会社側や役員の代理人になったり刑事弁護人であったりすれば不適格です。自浄作用の発揮に役立たないからです。

 第三者委員会で最も大事なものは、会社からの「独立性」です。自主独立して、事実を曇りのない目で探究する。そして、真因は何だったのかを究明し、是正するためには何が必要かを虚心坦懐に提言していく。第三者委員会とはこのような組織です。

 ただし、皆さんに誤解しないでいただきたいのは、会社と第三者委員会とは敵対関係ではないということです。会社が本当に立ち直る、再生するためにはどうすればよいかを調査・提言するわけですから、独立性を持ちながらも企業価値再生のために協働関係にもあるという関係です。

続きはこちらから

 

(くぼり・ひであき)

1944年生まれ。1967年司法試験合格。68年東京大学法学部卒業。71年弁護士登録。
2001年度第二東京弁護士会会長、日弁連副会長。
2011年~日本取引所グループ社外取締役、日本取引所自主規制法人外部理事。
不二家、NHK、ゼンショーホールディングス等多数の第三者委員会の委員、同格付け委員会委員長を務める。桐蔭法科大学院教授。
著書『日本改造計画』(商事法務)『久保利英明ロースクール講義』(日経BP)等全73冊。

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
slider_image1
slider_image2