◆SH0934◆カジノ法(IR推進法)の成立(1)―IRの意義― 渡邉雅之(2016/12/16)

カジノ法(IR推進法)の成立(1)

―IRの意義―

弁護士法人三宅法律事務所

弁護士 渡 邉 雅 之

 

 平成28年12月15日未明に、「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(以下「IR推進法案」といいます。)が成立いたしました。筆者も同月12日に参議院内閣委員会の参考人質疑において、参考人として答弁して参りました。

 同法は、カジノを含む統合型施設(Integrated Resort(IR))の設置を目指す法律です。IR推進法自体は、基本法であり、政府に対して1年以内に「必要となる法制上の措置」(同法5条)すなわち、「IR実施法案」の策定を求めるものです。

 今国会での主要な論点は、(1)IRの意義、(2)民営カジノの合法性(賭博罪)、(3)ギャンブル依存症、(4)マネー・ローンダリングでした。これから数回にわたってこれらの論点について解説いたします。

続きはこちらから

(わたなべ・まさゆき)

渡邉雅之 (弁護士法人三宅法律事務所)

1995年東京大学法学部卒業。2001年弁護士登録(54期)。2016年公認不正検査士。成蹊大学法科大学院非常勤講師(金融商品取引法担当)、株式会社王将フードサービス社外取締役(平成26年6月~)、日特建設株式会社社外取締役(平成28年6月~)

【弁護士会関係役職】日本弁護士連合会民事介入暴力対策委員会委員、第二東京弁護士会民事介入暴力対策委員 ほか

【主な取扱業務】金融規制法・コンプライアンス業務、プロジェクト・ファイナンス、保険法、民暴・マネロン対策、M&A業務、倒産関係業務

【関連著書】『マイナンバー制度 法的リスク対策と特定個人情報取扱規程』(日本法令、2015年3月)、『改訂版 マイナンバー制度 法的リスク対策と特定個人情報取扱規程』(日本法令、2015年9月)

 

 <連絡先>
 弁護士法人三宅法律事務所 東京事務所
 電話 03-5288-1021 E-mail m-watanabe@miyake.gr.jp




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索