◆SH0915◆最一小決 平成28年7月1日 株式取得価格決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件(山浦善樹裁判長)

【判示事項】

 株式会社の株式の相当数を保有する株主が当該株式会社の株式等の公開買付けを行い、その後に当該株式会社の株式を全部取得条項付種類株式とし、当該株式会社が同株式の全部を取得する取引において、上記公開買付けが一般に公正と認められる手続により行われた場合における会社法(平成26年法律第90号による改正前のもの)172条1項にいう「取得の価格」

 

【決定要旨】

 株式会社の株式の相当数を保有する株主が当該株式会社の株式等の公開買付けを行い、その後に当該株式会社の株式を全部取得条項付種類株式とし、当該株式会社が同株式の全部を取得する取引において、独立した第三者委員会や専門家の意見を聴くなど当該株主又は当該株式会社と少数株主との間の利益相反関係の存在により意思決定過程が恣意的になることを排除するための措置が講じられ、公開買付けに応募しなかった株主の保有する上記株式も公開買付けに係る買付け等の価格と同額で取得する旨が明示されているなど一般に公正と認められる手続により上記公開買付けが行われ、その後に当該株式会社が上記買付け等の価格と同額で全部取得条項付種類株式を取得した場合には、上記取引の基礎となった事情に予期しない変動が生じたと認めるに足りる特段の事情がない限り、裁判所は、上記株式の取得価格を上記公開買付けにおける買付け等の価格と同額とするのが相当である。
(補足意見がある。)

 

【事件番号等】

 平成28年(許)第4号ないし第20号 最高裁平成28年7月1日第一小法廷決定 破棄自判 株式取得価格決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件(民集70巻6号登載予定)

 原 審:平成27年(ラ)第663号 東京高裁平成27年10月14日決定
 原々審:平成25年(ヒ)第304号ないし第306号、第308号ないし第313号、第325号、第326号、第331号、第333号ないし第335号 東京地裁平成27年3月4日決定

 

【参照条文】

 会社法(平成26年法律第90号による改正前のもの)172条1項

 

【判決文】

 

【解説文】

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業2021年10月8日セミナー
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

slider_image1
slider_image2