◆SH0891◆経団連、「過重労働防止徹底のお願い」を公表 羽間弘善(2016/11/22)

経団連、「過重労働防止徹底のお願い」を公表

岩田合同法律事務所

弁護士 羽 間 弘 善

 

 平成28年11月15日、経団連は、㈱電通において新入社員の過労自殺が発生したことを受けて、「過重労働防止徹底のお願い」を公表した。

 政府は、近年、厚生労働大臣を本部長とする長時間労働削減推進本部の設置や長時間労働に関する監督指導等の強化を実施するなど、過重労働の防止に向けて積極的に取り組んでおり、経団連もこのような取組みを受けて、今年を「働き方・休み方改革集中取り組み年」とするなど、過重労働の防止に向けた取組みを実施していた。このように過重労働防止に向けた取組みが行われていた中で、㈱電通において過労死が発生したことを受け、経団連は、改めて社員の過重労働防止対策の徹底を呼びかけた。

 近年、過重労働等を原因として、労働者が心筋梗塞や脳梗塞等の疾患を発症して死亡に至るケースやうつ病等の精神障害により自殺する過労自殺が社会的に問題となっているが、労働者が、業務に従事したことによって死亡等した場合に、その損害を回復する方法は、①労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」という。)に基づく保険給付と②使用者等に対する民事上の損害賠償請求の2つがある。

 まず、①労災保険法に基づく保険給付については、労災保険法7条1項で「労働者の業務上の負傷、疾病、傷害又は死亡の場合」に保険給付を行う旨規定しており、労働者の負傷や死亡等に業務起因性(業務との相当因果関係)が認められる場合には、保険給付が行われる。もっとも、労災保険法に基づく保険給付の金額は、例えば休業補償給付については一日につき給付基礎日額(平均賃金相当額)の60%に相当する金額等と限定されており、被災労働者が被った損害の全てが補償されるわけではない(具体的な給付内容等については「労災保険給付の一覧」参照)。

続きはこちらから

 

経団連、過重労働防止徹底のお願い
http://www.keidanren.or.jp/policy/2016/107.html

 

(はざま・ひろよし)

岩田合同法律事務所弁護士。2010年東京大学工学部卒業。2013年東京大学法科大学院終了。2014年弁護士登録。

岩田合同法律事務所 http://www.iwatagodo.com/

<事務所概要>

1902年、故岩田宙造弁護士(後に司法大臣、貴族院議員、日本弁護士連合会会長等を歴任)により創立。爾来、一貫して企業法務の分野を歩んできた、我が国において最も歴史ある法律事務所の一つ。設立当初より、政府系銀行、都市銀行、地方銀行、信託銀行、地域金融機関、保険会社、金融商品取引業者、商社、電力会社、重電機メーカー、素材メーカー、印刷、製紙、不動産、建設、食品会社等、我が国の代表的な企業等の法律顧問として、多数の企業法務案件に関与している。

<連絡先>

〒100-6310 東京都千代田区丸の内二丁目4番1号丸の内ビルディング10階 電話 03-3214-6205(代表) 

 

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

岩田合同法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常 法律事務所

TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所