◆SH0738◆法務省、「民法(相続関係)等の改正に関する中間試案」に関する意見募集 鈴鹿祥吾(2016/07/19)

法務省、「民法(相続関係)等の改正に関する中間試案」に関する意見募集

岩田合同法律事務所

弁護士 鈴 鹿 祥 吾

 

 法制審議会民法(相続関係)部会は、13回にわたる会議で審議された結果を中間的に整理した「民法(相続関係)等の改正に関する中間試案」(以下「中間試案」という。)を取りまとめ、法務省はこれにつき意見募集を開始した。

 民法の相続法制は昭和55年改正以来、大きな見直しがされてこなかった。しかしながら、平成25年9月の非嫡出子の法定相続分に関する最高裁決定を受けなされた同年12月の法改正の過程で、相続法制全体の見直しについて指摘がなされ、WGや法制審議会で議論が行われてきた。

 今回の中間試案は、高齢化社会が進展して、相続開始時点での相続人(特に配偶者)の年齢が従前よりも相対的に高齢化していることに伴い、配偶者の生活保障の必要性が子のそれに比較して相対的に高まり、また要介護高齢者や高齢者の再婚が増加するなど、相続を取り巻く社会情勢の変化を受けて、所要の相続法制の見直しを目指すものである。

続きはこちらから

 

  法務省、「民法(相続関係)等の改正に関する中間試案」に関する意見募集を開始

   http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300080149&Mode=0

 

(すずか・しょうご)

 岩田合同法律事務所アソシエイト。2008年東京大学法学部卒業。2011年上智大学法科大学院修了。2013年1月判事補任官(旭川地方裁判所)。2016年4月「判事補及び検事の弁護士職務経験に関する法律」に基づき弁護士登録。

 

岩田合同法律事務所 http://www.iwatagodo.com/

<事務所概要>

1902年、故岩田宙造弁護士(後に司法大臣、貴族院議員、日本弁護士連合会会長等を歴任)により創立。爾来、一貫して企業法務の分野を歩んできた、我が国において最も歴史ある法律事務所の一つ。設立当初より、政府系銀行、都市銀行、地方銀行、信託銀行、地域金融機関、保険会社、金融商品取引業者、商社、電力会社、重電機メーカー、素材メーカー、印刷、製紙、不動産、建設、食品会社等、我が国の代表的な企業等の法律顧問として、多数の企業法務案件に関与している。

<連絡先>

〒100-6310 東京都千代田区丸の内二丁目4番1号丸の内ビルディング10階 電話 03-3214-6205(代表) 

 



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索