◆SH3822◆インド:緊急仲裁判断の執行に関するインド最高裁判決(2) 梶原啓(2021/11/09)

インド:緊急仲裁判断の執行に関するインド最高裁判決(2)

長島・大野・常松法律事務所

弁護士 梶 原   啓

 

(承前)
 

2. 法的論点と最高裁の判断

 最高裁が判断した法的論点は、第1に、SIACの仲裁規則に基づき選任された緊急仲裁人による緊急仲裁判断がインド仲裁法第17条 ⑴ の定める仲裁廷の命令に当たるかどうか、第2に、同法第17条 ⑵ に基づき高等裁判所が緊急仲裁判断の執行を命じた場合にこれについての上訴が許されるか、という2つである。

 第1の論点の理解の前提となるインド仲裁法の条文の建付けは次のとおりである。第17条 ⑴ によれば、当事者は仲裁手続中に仲裁廷に対して暫定措置の発動を求めることができるとされる。第17条 ⑵ は、第17条 ⑴ に基づいて仲裁廷が命じた暫定措置の命令を、インド裁判所の命令と同じように執行可能と定める。しかし、第17条 ⑴ の仲裁廷による暫定措置の命令に、緊急仲裁人による緊急仲裁判断が当たるかどうかは条文上不明である。

続きはこちらから

この他のアジア法務情報はこちらから

 

(かじわら・けい)

国際商事仲裁及び投資協定仲裁をはじめとする国際紛争解決を扱う。日本国内訴訟にも深く関与してきた経験をいかし、アジアその他の地域に展開する日系企業と協働して費用対効果に優れた複雑商事紛争処理に尽力する。2013年弁護士登録(第一東京弁護士会)、長島・大野・常松法律事務所入所。2019年ニューヨーク大学ロースクール修了(LL.M. in International Business Regulation, Litigation and Arbitration; Hauser Global Scholar)。Jenner & Block LLPでの勤務を経て、2021年1月から長島・大野・常松法律事務所シンガポール・オフィスにおいて勤務開始。

長島・大野・常松法律事務所 http://www.noandt.com/

長島・大野・常松法律事務所は、約500名の弁護士が所属する日本有数の総合法律事務所です。企業法務におけるあらゆる分野のリーガルサービスをワンストップで提供し、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

当事務所は、東京、ニューヨーク、シンガポール、バンコク、ホーチミン、ハノイ及び上海にオフィスを構えるほか、ジャカルタに現地デスクを設け、北京にも弁護士を派遣しています。また、東京オフィス内には、日本企業によるアジア地域への進出や業務展開を支援する「アジアプラクティスグループ(APG)」及び「中国プラクティスグループ(CPG)」が組織されています。当事務所は、国内外の拠点で執務する弁護士が緊密な連携を図り、更に現地の有力な法律事務所との提携及び協力関係も活かして、特定の国・地域に限定されない総合的なリーガルサービスを提供しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。