◆SH3812◆タイ:事業更生手続の利用促進のための破産法改正案に関する閣議承認(1) 中翔平(2021/11/01)

タイ:事業更生手続の利用促進のための破産法改正案に関する閣議承認(1)

長島・大野・常松法律事務所

弁護士 中  翔 平

 

 コロナウイルス感染症の収束の兆しが見えない昨今であるが、タイにおいては、国民のワクチン接種率が上がってきており、タイ政府は、近い将来の開国に向けた準備を着々と進めている。もっとも、コロナウイルス感染拡大に伴い人の往来が制限された結果、観光大国であるタイは甚大な経済的ダメージを受けており、事業者に対する事業再生への途を確保することが喫緊の課題である。これに呼応する形で、2021年8月10日に、事業更生手続(日本における民事再生手続及び会社更生手続に相当する。)の改正を目的とした破産法(Bankruptcy Act B.E. 2483 (1940))(以下、「破産法」という。)の改正案(以下、「本改正案」という。)が閣議で承認された。本改正案は、今後、関係当局の意見聴取手続を経た後、議会で審議される予定であるため、改正内容について変更があり得る点には留意されたい。また、本改正案の具体的な制定・施行時期は未定である。本稿では、現行の事業更生手続及びその問題点を概観しつつ、本改正案における主な変更点を紹介する。

1. 現行の事業更生手続

 タイの法定の倒産手続には大きく分けて破産手続及び事業更生手続が存在するが、これらはいずれも破産法に定められている。そして、現行の事業更生手続においては、通常の事業更生手続と中小企業向けの事業更生手続が存在する。通常の事業更生手続の対象となる債務者は、非公開会社、公開会社及びその他の規則により規定された法人に限られている。通常の事業更生手続の申立てを行うためには、①債務者が支払不能又は債務不履行状態であること、②事業更生の合理的な理由及び見込みがあること、並びに③債務総額が1,000万バーツ以上であること等が求められる。事業更生手続の申立てが行われると裁判所は事業更生手続の申立ての受理の可否を決定し、申立てが受理されるとオートマティックステイ(債権者による訴訟手続、強制執行手続及び一定期間の担保権実行の禁止並びに事業許認可の取消の禁止等)の効力が生ずる。その後、審尋期日を経て、正式に事業更生手続の開始決定を受けた後は、更生計画作成者により更生計画が作成され、債権者集会の承認を経て、裁判所により承認される必要がある。以上が通常の事業更生手続の流れを示したものである。もっとも、更生計画が裁判所に承認されるまでには時間と費用がかかることや事業規模の大きくない中小企業にとっては上記③の申立要件をそもそもクリアできない場合があるといった問題が存在した。

続きはこちらから

この他のアジア法務情報はこちらから

 

(なか・しょうへい)

2013年に長島・大野・常松法律事務所に入所。プロジェクトファイナンス、不動産取引、 金融レギュレーション及び個人情報保護の分野を中心に国内外の案件に従事。2020年5月 にUniversity of California, Los Angeles School of Lawを卒業後、2020年12月より当事務所 バンコク・オフィスに勤務。現在は、主に、在タイ日系企業の一般企業法務及びM&Aのサ ポートを中心に幅広く法律業務に従事している。

 

長島・大野・常松法律事務所 http://www.noandt.com/

長島・大野・常松法律事務所は、約500名の弁護士が所属する日本有数の総合法律事務所です。企業法務におけるあらゆる分野のリーガルサービスをワンストップで提供し、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

当事務所は、東京、ニューヨーク、シンガポール、バンコク、ホーチミン、ハノイ及び上海にオフィスを構えるほか、ジャカルタに現地デスクを設け、北京にも弁護士を派遣しています。また、東京オフィス内には、日本企業によるアジア地域への進出や業務展開を支援する「アジアプラクティスグループ(APG)」及び「中国プラクティスグループ(CPG)」が組織されています。当事務所は、国内外の拠点で執務する弁護士が緊密な連携を図り、更に現地の有力な法律事務所との提携及び協力関係も活かして、特定の国・地域に限定されない総合的なリーガルサービスを提供しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。