◆SH3810◆消費者庁、公益通報者保護法に基づく指針(令和3年内閣府告示第118号)の解説 蛯原俊輔(2021/10/29)

消費者庁、公益通報者保護法に基づく指針(令和3年内閣府告示第118号)の解説

岩田合同法律事務所

弁護士 蛯 原 俊 輔

 

1 はじめに

 消費者庁は、令和3年10月13日、「公益通報者保護法に基づく指針(令和3年内閣府告示第118号)の解説」(以下「『指針の解説』」という。)を公表した。本稿では、「指針の解説」の位置づけについて説明をした上で、「指針の解説」の内容をいくつか紹介する。

 

2 「指針の解説」の位置づけ

 令和2年6月に成立した公益通報者保護法の一部を改正する法律(令和2年法律第51号)による改正後の公益通報者保護法(以下「改正法」という。)では、事業者において、①公益通報対応業務従事者(以下「従事者」という。)を定めること(改正法11条1項)、及び②事業者内部における公益通報(以下「内部公益通報」という。)に適切に対応するために必要な体制の整備その他の必要な措置(以下「内部公益通報対応体制の整備等」という。)をとること(同条2項)が義務付けられた。消費者庁は、改正法の成立を受けて、令和3年8月20日、「公益通報者保護法第11条第1項及び第2項の規定に基づき事業者がとるべき措置に関して、その適切かつ有効な実施を図るために必要な指針(令和3年内閣府告示第118号。以下「本指針」という。)」を公表した。

 もっとも、本指針は、事業者がとるべき措置の「大要」を示すものとされ、事業者がとるべき措置の具体的内容を定めるものではない。これは、「事業者がとるべき措置」は、事業者の規模、組織形態、業態、法令違反行為が発生する可能性の程度、ステークホルダーの多寡、労働者等及び役員や退職者の内部公益通報対応体制の活用状況、その時々における社会背景等によって異なり得るため、事業者がとるべき措置の具体的内容を画一的に定め、一律な対応を求めることは適切ではないことによる。

 「指針の解説」は、本指針の公表を受け、事業者が本指針に沿った具体的な対応や取組の検討をする際の参考となるように、(ⅰ)本指針を遵守するために参考となる考え方や本指針が求める措置に関する具体的な取組例や、(ⅱ)本指針を遵守するための取組を超えて、事業者が自主的に取り組むことが期待される推奨事項に関する考え方や具体例を示すことを目的に策定されたものである。

続きはこちらから

トピックスのバックナンバーはこちら

 

(えびはら・しゅんすけ)

岩田合同法律事務所アソシエイト。2014年3月早稲田大学法学部卒業、2015年11月東京大学法科大学院中退。2016年12月検事任官。大阪地方検察庁、福岡地方検察庁小倉支部勤務を経て、2019年3月検事退官。同年4月弁護士登録、岩田合同法律事務所入所。

岩田合同法律事務所 http://www.iwatagodo.com/

<事務所概要>
1902年、故岩田宙造弁護士(後に司法大臣、貴族院議員、日本弁護士連合会会長等を歴任)により創立。爾来、一貫して企業法務の分野を歩んできた、我が国において最も歴史ある法律事務所の一つ。設立当初より、政府系銀行、都市銀行、地方銀行、信託銀行、地域金融機関、保険会社、金融商品取引業者、商社、電力会社、重電機メーカー、素材メーカー、印刷、製紙、不動産、建設、食品会社等、我が国の代表的な企業等の法律顧問として、多数の企業法務案件に関与している。

<連絡先>
〒100-6315 東京都千代田区丸の内二丁目4番1号丸の内ビルディング15階 電話 03-3214-6205(代表)

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

西村あさひ法律事務所セミナー
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所