◆SH3779◆インド:上場規則の改正(1) 山本匡(2021/10/06)

インド:上場規則の改正(1)

長島・大野・常松法律事務所

弁護士 山 本   匡

 

 インド証券取引委員会(Securities and Exchange Board of India、「SEBI」)は、2021年6月29日に開催した委員会において、Securities and Exchange Board of India(Listing Obligations and Disclosure Requirements)Regulations, 2015(「上場規則」)の改正を決定した。主な改正内容は、上場会社の独立取締役に関するものである。

 

1. 経緯

 SEBIは、2021年3月に、Consultation Paper on Review of Regulatory Provisions Related to Independent Directorsを公表し、上場規則の独立取締役に関する規定の改正についてパブリック・コメントを募集していた。同Consultation Paperによると、独立取締役の役割の重要性(少数株主の保護等)及び過去採用してきた様々な措置にも拘わらず、独立取締役が実効的にその役割を果たしているかについて懸念があり、改正は独立取締役の独立性や機能の更なる強化を図ることを意図したものとされている。同Consultation Paperでは、独立取締役の定義、選任・再任手続き、解任、指名・報酬委員会(Nomination and Remuneration Committee)の役割についての透明性向上、独立取締役選任についての株主の事前承認、辞任、監査委員会(Audit Committee)の構成及び報酬について、一定の提案をするとともにパブリック・コメントを求めていた。

 その後、SEBIはコメントを受けて当初のConsultation Paperにおける提案を見直した上で、Review of Regulatory provisions related to Independent Directorsを公表し、6月29日に開催された委員会で、上場規則の改正を決定した。改正は2022年1月1日に施行される予定である。

続きはこちらから

この他のアジア法務情報はこちらから

 

(やまもと・ただし)

2003年弁護士登録。2009年から2017年にかけて、インド・シンガポールで勤務。2015年からヤンゴンにて随時執務。新興国を中心に海外進出、各種リーガル・サポートに携わっている。

長島・大野・常松法律事務所 http://www.noandt.com/

長島・大野・常松法律事務所は、約500名の弁護士が所属する日本有数の総合法律事務所です。企業法務におけるあらゆる分野のリーガルサービスをワンストップで提供し、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

当事務所は、東京、ニューヨーク、シンガポール、バンコク、ホーチミン、ハノイ及び上海にオフィスを構えるほか、ジャカルタに現地デスクを設け、北京にも弁護士を派遣しています。また、東京オフィス内には、日本企業によるアジア地域への進出や業務展開を支援する「アジアプラクティスグループ(APG)」及び「中国プラクティスグループ(CPG)」が組織されています。当事務所は、国内外の拠点で執務する弁護士が緊密な連携を図り、更に現地の有力な法律事務所との提携及び協力関係も活かして、特定の国・地域に限定されない総合的なリーガルサービスを提供しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。