◆SH3723◆中国:『反外国制裁法』の制定と最初の適用事例(1) 川合正倫(2021/08/23)

中国:『反外国制裁法』の制定と最初の適用事例(1)

長島・大野・常松法律事務所

弁護士 川 合 正 倫

 

 外国による中国への制裁に対する対抗措置を定める「反外国制裁法」が6月10日全国人民代表大会常務委員会(以下、「全人代常務委員会」)において可決成立し、即日施行された。本法は全16条からなる短いものであるが、米中対立が激化する状況下において、外国による制裁に対する中国側の報復的な対抗措置の根拠法となるものである。対抗措置は国家のみならず、広く外国の差別的措置に協力する外国組織も対象とし、措置の内容としても関連人員のビザの不発行、入国禁止、国外退去、中国国内の財産の押収、中国企業との取引の制限及び禁止など、中国関連の事業を行う日本企業又は中国現地の日系企業に重大な影響を与えうる内容となっている。

 

1. 背景及び適用事例

 「反外国制裁法」は、2021年3月までに米国及びEUが新疆ウイグル自治区や香港を理由として中国に対して制裁措置を発動したことを受け草案が作成された。その後、米中対立の激化を受け、立法作業が加速化され、全人代常務委員会における2回の審議のみで6月10日に可決され、即日施行された。この間、通常行われる法案の公表やパブリックコメントの募集は行われなかった。

 本法の施行以前に商務部は、2020年9月17日に「信頼できないエンティティリスト規定」を、2021年1月9日には「外国の法律及び措置の不当な域外適用の阻止弁法」(通称:ブロッキング規制)を施行して外国による対中制裁への対抗措置の規範化作業を進めていたところである。「反外国制裁法」は、これらの商務部門の規定について法律レベルの根拠を付与するものである。

続きはこちらから

この他のアジア法務情報はこちらから

 

(かわい・まさのり)

長島・大野・常松法律事務所上海オフィス一般代表。2011年中国上海に赴任し、2012年から2014年9月まで中倫律師事務所上海オフィスに勤務。上海赴任前は、主にM&A、株主総会等のコーポレート業務に従事。上海においては、分野を問わず日系企業に関連する法律業務を広く取り扱っている。クライアントが真に求めているアドバイスを提供することが信条。

長島・大野・常松法律事務所 http://www.noandt.com/

長島・大野・常松法律事務所は、約500名の弁護士が所属する日本有数の総合法律事務所です。企業法務におけるあらゆる分野のリーガルサービスをワンストップで提供し、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

当事務所は、東京、ニューヨーク、シンガポール、バンコク、ホーチミン、ハノイ及び上海にオフィスを構えるほか、ジャカルタに現地デスクを設け、北京にも弁護士を派遣しています。また、東京オフィス内には、日本企業によるアジア地域への進出や業務展開を支援する「アジアプラクティスグループ(APG)」及び「中国プラクティスグループ(CPG)」が組織されています。当事務所は、国内外の拠点で執務する弁護士が緊密な連携を図り、更に現地の有力な法律事務所との提携及び協力関係も活かして、特定の国・地域に限定されない総合的なリーガルサービスを提供しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

西村あさひ法律事務所セミナー
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所