◆SH3680◆最二小判 令和2年10月9日 損害賠償請求事件(岡村和美裁判長)

 少年保護事件を題材として家庭裁判所調査官が執筆した論文を雑誌及び書籍において公表した行為がプライバシーの侵害として不法行為法上違法とはいえないとされた事例

 少年保護事件を題材として家庭裁判所調査官が執筆した論文を雑誌及び書籍に掲載して公表した場合において、少年のプライバシーに属する情報が上記論文に含まれており、当該情報が上記少年保護事件における上記家庭裁判所調査官の調査によって取得されたものであったとしても、次の⑴~⑶など判示の事情の下においては、当該情報に係る事実を公表されない法的利益がこれを公表する理由に優越するとまではいえず、上記の公表行為は、プライバシーを侵害したものとして不法行為法上違法であるということはできない。

  1. ⑴ 上記論文は、社会の関心を集めつつあったアスペルガー症候群の特性が非行事例でどのように現れるのか等を明らかにするという目的で執筆された。
  2. ⑵ 上記論文の公表は、医療関係者や研究者等を読者とする専門誌や専門書籍に掲載する方法で行われた。
  3. ⑶ 上記論文には、上記少年やその関係者を直接特定した記載部分や事実関係の時期を特定した記載部分はなかった。
  4. (意見がある。)

 民法709条、710条

 令和元年(受)第877号、第878号 最高裁令和2年10月9日第二小法廷判決 損害賠償請求事件 一部破棄自判、一部却下 民集74巻7号1807頁

 原 審:平成30年(ネ)第3676号 東京高裁平成30年12月12日判決
 第1審:平成27年(ワ)第22850、第23781号 東京地裁平成30年4月13日判

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
slider_image1
slider_image2