◆SH3637◆ベトナム:改正投資法施行令(2) 鷹野 亨(2021/05/26)

ベトナム:改正投資法施行令(2)

長島・大野・常松法律事務所

弁護士 鷹 野   亨

 

(承前)
 

4. 革新的スタートアッププロジェクトの定義と投資優遇措置

 改正投資法では、投資プロジェクトのうち企業所得税の免税など投資優遇措置が取られるものの1つとして「革新的スタートアッププロジェクト」が新たに追加された(同法15条2項e号)。

 政令31号では、この「革新的スタートアッププロジェクト」を以下の通り定義している(同政令19条8項)。

  1. (a)  (i) 半導体集積回路・コンピュータソフトウエア・携帯電話・クラウドコンピューティングに関する発明、ユーティリティソリューション、工業デザイン及びレイアウト設計から形成される製品の製造、 (ii) 家畜・植物・水産物・材木の新品種からなる製品の生産、(iii) 知的財産法により保護された権原、著作権、ベトナムが加盟国である国際条約により国際登録された権原、又は管轄当局により認められた権原を付与された技術進歩
  2. (b)  (i) パイロット製造プロジェクトによって製造された製品及び試作品の製造及び技術改良、(ii)  科学技術法に基づいて全国新興企業賞、イノベーション新興企業賞又は科学技術賞を受賞した製品の製造
  3. (c)  イノベーションセンター又は研究開発センターを運営する企業のプロジェクト
  4. (d)  知的財産法により保護された権原、著作権、ベトナムが加盟国である国際条約により国際登録された権原、又は管轄当局により認められた権原を付与された文化産業製品の製造

続きはこちらから

この他のアジア法務情報はこちらから

 

(たかの・とおる)

2009年東京大学法学部卒業、2011年慶應義塾大学法科大学院修了、2012年日本国弁護士登録(第一東京弁護士会)、2013年より東京都内企業法務系法律事務所で勤務の後、2015年~2017年経済産業省製造産業局模倣品対策室勤務を経て、現在は長島・大野・常松法律事務所ホーチミンオフィスに勤務し、主に、ベトナムへの事業進出や現地企業の買収、既進出企業の現地でのオペレーションに伴う法務アドバイスを行っている。

 

長島・大野・常松法律事務所 http://www.noandt.com/

長島・大野・常松法律事務所は、約500名の弁護士が所属する日本有数の総合法律事務所です。企業法務におけるあらゆる分野のリーガルサービスをワンストップで提供し、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

当事務所は、東京、ニューヨーク、シンガポール、バンコク、ホーチミン、ハノイ及び上海にオフィスを構えるほか、ジャカルタに現地デスクを設け、北京にも弁護士を派遣しています。また、東京オフィス内には、日本企業によるアジア地域への進出や業務展開を支援する「アジアプラクティスグループ(APG)」及び「中国プラクティスグループ(CPG)」が組織されています。当事務所は、国内外の拠点で執務する弁護士が緊密な連携を図り、更に現地の有力な法律事務所との提携及び協力関係も活かして、特定の国・地域に限定されない総合的なリーガルサービスを提供しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業2021年10月8日セミナー
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

slider_image1
slider_image2