◆SH3594◆中学生に対する法教育の試み―不法行為法の場合(5) 荒川英央/大村敦志(2021/04/23)

中学生に対する法教育の試み―不法行為法の場合(5)

学習院大学法学研究科博士後期課程
荒 川 英 央

学習院大学法務研究科教授
大 村 敦 志

 

第2節 外形的な観察――授業の進め方・生徒の様子など(続き)

(4)の最後に生徒から出された疑問を受けて始まった、第2回授業の後半である。

 

5 法律上保護される著作者の利益とそれに対する侵害

 主催者は次のように問題を整理した。公立図書館の職員として不適切な行為と、著作物によってその思想、意見等を公衆に伝達する著作者の利益がどのように結びつくのか。使用者責任の715条を適用するには、職員の行為が不法行為法の基本条文である709条の不法行為であることが前提になると考えられている。これは形式的な基準で、より直接的には、最高裁の言う、「著作者が著作物によってその思想、意見等を公衆に伝達する利益」が法律上保護される利益に当たるか、それが不当に損なわれたと言えるかが問題になる、とされた。

 

1)著作者の思想の自由・表現の自由

 最高裁が微妙な表現で著作者の思想の自由・表現の自由に言及していることをふまえ、主催者はまず、除籍で思想の自由・表現の自由が侵害されていると言えるか、を問題にした。

 

  1. 生徒P:人がなにか意見を発信するとき、本という手段は有効なので、発信する手段が自分の知らないところで不当に失われてる、と考えると、自分の意見を周りに発信し、表現してひろげてく、そういうのを侵害してる、というのは十分言えると思います。

 

 直截に思想の自由・表現の自由の侵害を認める発言のように見受けられる。

 

2)著作者の人格的利益

 これを受けて、主催者は問題を次のように分節していった。

 

  1. 主催者:国が出版禁止するというようなのは、それは、表現の自由を侵害しているっていうことになりますよね? だけど、図書館が本を買ってくれないのは、表現の自由を侵害しているわけじゃないよね?
  2. 生徒P:そうですね。
  3. 主催者:うん。そうすると、本を買わなければ、別によかったんだよね? 買って、除籍したからいけないんだよね?
  4. 生徒P:まあ、そうですね。
  5. 主催者:買わないのは別に言論の自由を侵害していることにはならない、と。で、除籍すること自体は言論の自由を侵害することにならない場合もありますよね? 本件では、何が悪いのかね?
  6. 生徒P:いちばん簡単に目に見えるところでいえば、規則に違反して除籍したっていうのが、最初に「悪い」と見える部分だと思います。

 

 主催者はこの発話の最初の慎重な部分に着目して、一歩踏み込んでルール違反と職員の意図を分けて次のように整理して対話を進めた。

 

  1. 主催者:単にルール違反だったら、それで人格的な利益が侵害されるっていうふうに考えられるのか、あるいは、単に悪意があれば、それで人格的利益が侵害されるっていうふうに考えられるのか、あるいは、両方重なって、悪意に基づいて、ルールに従わずに処理するというのが、人格的利益を侵害してるというのにつながるのか。どうでしょうね?
  2. 生徒P:片っぽだけじゃないと思うんですね。本人に悪意があっても規則に従って処分しているのであればとくに何も言われることはないでしょうし。逆に、規則には従わなかったけど、悪意はないってどういう状態なんだろう……。
  3. 主催者:さっきの、ほら、間違って処――……
  4. 生徒P:間違って処分したとか、そういうことか。間違って、ってなると、やっぱ処分は下るんだろうし。規則に従ってないのは、もうそれ、単体にアウトになりうるけど、悪意があるっていうのは、それ単体でアウトというわけではない、という結論になりました。
  5. 主催者:そうすると、規則に従っていないとアウトで、悪意があるのでもっとアウトっていう、そういうことかな?
  6. 生徒P:「もっと」、かどうかは分かりませんけども、悪意があるというのだけではなく、それに規則違反も加わってアウトになるんじゃないかな、って。

 

 ルール違反が重視され、職員の意図については微妙、といったところだろうか。生徒Pはこの後「間違って本を数万冊廃棄したら、処分は受けるだろう」と述べていくことになるのだが、図書館職員と市の関係を念頭に置く度合いが次第に高まっていくようにも見受けられた。他方、別の生徒は図書館職員と著作者との関係を念頭に次のように言う。

 

  1. 生徒Q:僕は、逆にルールよりも悪意のほうが関係があるんじゃないかな、と思います。
  2. 主催者:ルールはそれほど重要ではない、と。
  3. 生徒Q:ルールに違反していようがいまいが、著作者には関係がないと思います。
  4. 主催者:なるほど。今、「著作者には」っていうふうに留保してくれたんだけど、そのことの意味は?
  5. 生徒Q:というのは、船橋市のなかで、職員が処分をされるのは当然だと思います。ルール違反なので。ただ、著作者にとってみれば、司書が処分されようとされまいと関係ないんじゃないかな、と思います。

 

 職員と船橋市との関係と、職員と著作者との関係を分析的に分けている点が注目に値するように思われる。もうひとりルール違反のほうを重視する生徒がなぜそう考えたか、その前提と思われるものは次の発話にある。

 

  1. 生徒R:たとえば図書館がもともと買わなかった場合は、それは、誰の責任でもないわけじゃないですか。今回のような事件で、誰かが不当に処分してしまった場合は、その侵害が誰かによって起こされた、っていう、その「誰か」が生まれてしまうので、問題が起きてしまったって考えています。

 

 図書館が本を購入することでそれは図書館の蔵書になり、以後は船橋市のルールに従った取り扱いがなされる。いわばここではじめてルール違反が想定されるようになる、という。重要なのは、この発話が主催者が話題をさらに展開していくきっかけになった点である。

続きはこちらから

 

(あらかわ・ひでお)

1996年、東京大学法学部卒、2004年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。
日本学術振興会特別研究員(PD)、日本橋学館大学講師などを経て、現在、学習院大学法学研究科博士後期課程(法律学専攻)在学中。

 

(おおむら・あつし)

1982年、東京大学法学部卒、同助手、同助教授を経て、1998年から2019年まで東京大学教授。2019年、学習院大学教授、東京大学名誉教授。
2007年から11年まで法教育推進協議会座長、2010年から16年まで法と教育学会理事長。




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

西村あさひ法律事務所セミナー
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所