◆SH3581◆公取委、デジタル市場における競争政策に関する研究会 報告書 「アルゴリズム/AIと競争政策」を公表 臼杵善治(2021/04/15)

公取委、デジタル市場における競争政策に関する研究会 報告書
「アルゴリズム/AIと競争政策」を公表

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

弁護士 臼 杵 善 治

 

1 はじめに

 公正取引委員会(以下「公取委」という)は、アルゴリズム/AIと競争政策をめぐる課題・論点を検討するために、2020年7月以降「デジタル市場における競争政策に関する研究会」を8回開催し、2021年3月31日に「デジタル市場における競争政策に関する研究会報告書「アルゴリズム/AIと競争政策」(以下「本報告書」という)を取りまとめ、公表した。

 アルゴリズム(計算手法)やAI(人工知能)は、デジタル市場におけるイノベーションのプロセスの鍵となる技術といわれており、事業活動を効率化させ、消費者の利便性を向上させているが、一方で、このような新たな技術を用いた反競争的行為について、海外当局が措置を講じた事例も出てきている。また海外の競争当局や国際機関でアルゴリズムやAI(人工知能)と競争政策に関する議論や研究が活発に行われ、多数の報告書が公表されている。

 このような状況のもと、本報告書では、現時点で競争に重要な影響を与え得ると考えられるアルゴリズム/AIとして、価格調査や価格設定のアルゴリズム、ランキングおよびパーソナライゼーション(特にパーソナライズド・プライシング)の3つを取り上げて、それぞれについて想定される競争政策上の課題や論点の検討が行われている。以下では、価格調査や価格設定のアルゴリズムによる協調的行為の論点について簡単に紹介することとしたい。

 

2 アルゴリズム/AIと協調的行為

(1)検討における分類

 アルゴリズム等のデジタル技術を用いた価格調整行為は、デジタルカルテルと呼ばれ、このような行為が競争法上問題となるか様々な議論がなされている。

 本報告書では、アルゴリズムによる協調的行為をOECDの報告書の以下の4分類に分けて検討を行っている。

続きはこちらから

バックナンバーはこちら

 

(うすき・よしはる)

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業パートナー。2003年慶應義塾大学法学部卒業。2006年慶應義塾大学法科大学院卒業。2008年弁護士登録(第一東京)。2015年University of London, LL.M. in Competition Law修了。公正取引委員会による審査手続対応、海外当局による調査手続対応、国内外の競争法当局に対する企業結合届出のサポート、競争法コンプライアンスマニュアル作成・競争法コンプライアンストレーニング等の多数の案件を取り扱っている。

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業 https://www.amt-law.com/

<事務所概要>
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業は、日本における本格的国際法律事務所の草分け的存在からスタートして現在に至る、総合法律事務所である。コーポレート・M&A、ファイナンス、キャピタル・マーケッツ、知的財産、労働、紛争解決、事業再生等、企業活動に関連するあらゆる分野に関して、豊富な実績を有する数多くの専門家を擁している。国内では東京、大阪、名古屋に拠点を有し、海外では北京、上海、香港、シンガポール、ホーチミン、バンコク、ジャカルタ等のアジア諸国に拠点を有する。

<連絡先>
〒100-8136 東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング

〈関連リンク〉