◆SH3550◆公取委、ビー・エム・ダブリュー株式会社から申請があった確約計画の認定 石川哲平(2021/03/26)

公取委、ビー・エム・ダブリュー株式会社から申請があった確約計画の認定

岩田合同法律事務所

弁護士 石 川 哲 平

 

1 概要

 本件は、ビー・エム・ダブリュー株式会社が、ディーラーに対し、達成できない販売計画台数を十分に協議せずに合意させ、必要以上の新車の新規登録を要請していた行為(以下「本件違反被疑行為」という。)が独占禁止法19条(同法2条9項5号[優越的地位の濫用])の規定に違反する疑いがあるとされ、これについて確約手続が用いられた事案である。

 確約手続は平成30年12月30日に導入されたが、優越的地位の濫用事件として確約手続が用いられたものとしては、ゲンキー株式会社の確約手続の件(令和2年8月5日、以下「ゲンキーの件」という。)、アマゾンジャパン合同会社の確約手続の件(令和2年9月10日、以下「アマゾンジャパンの件」という。)に続き、3件目となる。

https://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/2021/mar/210312files/210312_sankou1_r.pdf)より

 

続きはこちらから

トピックスのバックナンバーはこちら

 

(いしかわ・てっぺい)

岩田合同法律事務所弁護士。2010年慶應義塾大学法科大学院修了。2013年弁護士登録。2017年4月から2020年3月まで公正取引委員会勤務。独占禁止法・下請法を中心とした企業法務全般を取り扱う。

岩田合同法律事務所 http://www.iwatagodo.com/

<事務所概要>
1902年、故岩田宙造弁護士(後に司法大臣、貴族院議員、日本弁護士連合会会長等を歴任)により創立。爾来、一貫して企業法務の分野を歩んできた、我が国において最も歴史ある法律事務所の一つ。設立当初より、政府系銀行、都市銀行、地方銀行、信託銀行、地域金融機関、保険会社、金融商品取引業者、商社、電力会社、重電機メーカー、素材メーカー、印刷、製紙、不動産、建設、食品会社等、我が国の代表的な企業等の法律顧問として、多数の企業法務案件に関与している。

<連絡先>
〒100-6315 東京都千代田区丸の内二丁目4番1号丸の内ビルディング15階 電話 03-3214-6205(代表)

 

〈関連リンク〉



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

slider_image1
slider_image2
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
長島・大野・常松法律事務所