◆SH3554◆インド:2020年を振り返る その他 山本 匡(2021/3/29)

インド:2020年を振り返る その他

長島・大野・常松法律事務所

弁護士 山 本   匡

 

1. 2020年を振り返る

 インドは世界の中でもCOVID-19の影響を大きく受けた国の1つである。2020年3月にインド全土でのロックダウンを実施する等、その感染開始当初から極めて厳格な措置が講じられた。2021年2月末現在、総感染者数は1,100万人、死者数は15万人を超えている。しかしながら、2020年9月をピークに感染者数は減少傾向に入り、2021年1月にはワクチンの接種が開始した。このまま感染状況が収束へと向かうことを期待したい。

 

 2020年も多くの法律・制度の施行・改正等があった。主要なものをいくつかピック・アップすると、例えば以下のようなものが挙げられる(筆者が特に注目したもののみを挙げている。また、議会で承認されたが未施行のものもある。)。COVID-19のパンデミックの影響を受けたものが多く見られる。

続きはこちらから

この他のアジア法務情報はこちらから

 

(やまもと・ただし)

2003年弁護士登録。2009年から2017年にかけて、インド・シンガポールで勤務。2015年からヤンゴンにて随時執務。新興国を中心に海外進出、各種リーガル・サポートに携わっている。

長島・大野・常松法律事務所 http://www.noandt.com/

長島・大野・常松法律事務所は、約500名の弁護士が所属する日本有数の総合法律事務所です。企業法務におけるあらゆる分野のリーガルサービスをワンストップで提供し、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

当事務所は、東京、ニューヨーク、シンガポール、バンコク、ホーチミン、ハノイ及び上海にオフィスを構えるほか、ジャカルタに現地デスクを設け、北京にも弁護士を派遣しています。また、東京オフィス内には、日本企業によるアジア地域への進出や業務展開を支援する「アジアプラクティスグループ(APG)」及び「中国プラクティスグループ(CPG)」が組織されています。当事務所は、国内外の拠点で執務する弁護士が緊密な連携を図り、更に現地の有力な法律事務所との提携及び協力関係も活かして、特定の国・地域に限定されない総合的なリーガルサービスを提供しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業セミナー
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

西村あさひ法律事務所セミナー
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所