◆SH0681◆企業内弁護士の多様な在り方(第21回)-第8 企業内弁護士の「仕事の内容」(上) 吉田哲郎(2016/06/02)

企業内弁護士の多様な在り方(第21回)

-企業内弁護士の「仕事の内容」(上)-

明治安田生命保険法務部上席法務役

弁護士  吉 田 哲 郎

第8 企業内弁護士の「仕事の内容」

1  はじめに

  企業内弁護士の仕事の内容は、①法務部門がいかなる職責を負っているか、すなわち法務部門に求められている機能は何かということと、②企業内弁護士の労働 契約上の職務内容、すなわち企業内弁護士がまさしく弁護士業務を行う者として採用されているか、通常の従業員(たとえば「総合職」など)と同様の仕事を行 う者として採用されているか、またはその中間的なものとして、通常の従業員ではあるが専門職的な仕事を行う者として採用されているか等により、さまざまな バリエーションを伴って規定されるように思われる。続きはこちらから

 

(よしだ・てつろう)

 
平成14年  司法試験合格、同18年  弁護士登録(59期)、鈴江法律事務所出向、同20年  明治安田生命保険法務部上席法務役、同26年  明治安田生命保険金融犯罪対策室長、同28年より現職。



メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索