◆SH3478◆最三小決 令和2年3月24日 文書提出命令に対する許可抗告事件(林道晴裁判長)

  1. 1   検察官等から鑑定の嘱託を受けた者が当該鑑定に関して作成し若しくは受領した文書等又はその写しは民訴法220条4号ホに定める刑事事件に係る訴訟に関する書類又は刑事事件において押収されている文書に該当するか(①事件)

  2. 2   鑑定のために必要な処分としてされた死体の解剖の写真に係る情報が記録された電磁的記録媒体が民訴法220条3号所定のいわゆる法律関係文書に該当するとされた事例(②事件)

[①事件]
 検察官、検察事務官又は司法警察職員から鑑定の嘱託を受けた者が当該鑑定に関して作成し若しくは受領した文書若しくは準文書又はその写しは、民訴法220条4号ホに定める刑事事件に係る訴訟に関する書類又は刑事事件において押収されている文書に該当する。

[②事件]
 文書提出命令の申立人の父の死体について司法警察職員から鑑定の嘱託を受けた者が当該鑑定のために必要な処分として裁判官の許可を受けてした当該死体の解剖の写真に係る情報が記録された電磁的記録媒体であって当該司法警察職員が所属する地方公共団体が所持するものは、当該地方公共団体と当該申立人との間において、民訴法220条3号所定のいわゆる法律関係文書に該当する。

[①事件]
 民訴法220条4号ホ

[②事件]
 民訴法220条3号

[①事件]
 令和元年(許)第12号 最高裁令和2年3月24日第三小法廷決定 文書提出命令に対する許可抗告事件 破棄差戻し(裁判集民263号135頁)

 原 審:平成30年(ウ)第49号 札幌高裁平成31年3月29日決定

[②事件]
 令和元年(許)第11号 最高裁令和2年3月24日第三小法廷決定 文書提出命令等に対する許可抗告事件 棄却(民集74巻3号455頁)

 原 審:平成30年(ウ)第49号、第54号 札幌高裁平成31年3月29日決定

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

長島・大野・常松法律事務所
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

西村あさひ法律事務所セミナー
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所