◆SH3466◆インドネシア:オムニバス法の制定(5)〜労務分野への影響① 福井信雄 小林亜維子(2021/02/01)

インドネシア:オムニバス法の制定(5)〜労務分野への影響①

長島・大野・常松法律事務所

弁護士 福 井 信 雄
弁護士 小 林 亜維子

 

 2020年11月2日にインドネシアで制定、即日施行された雇用創出に関する法律(通称「オムニバス法」)に関して、本稿から複数回に渡って労務分野への影響について紹介する。

 

1. 総論

 2003年に制定されたインドネシアの労働法は、雇用主側から一方的に労働者を解雇する場合には原則として裁判所の許可を必要とするなど、比較法的に見ても労働者の権利保護に手厚く、労務管理は会社経営にとっても常に難しい課題であった。オムニバス法は、その正式名称の通り国内の雇用を創出することを企図した法律であり、そのためには外国からの投資を呼び込むことが重要であるとの認識の下、より労使間のバランスの取れた労働法制を指向するものである。オムニバス法の制定日から3か月以内に関連施行規則が制定されることになっており、改正の詳細は当該施行規則に定められることが予定されているため、具体的な改正内容の多くは施行規則に委ねられることになるが、本稿においては、現段階で判明しているオムニバス法に基づく労働法制に関する重要な改正点について概説する。

続きはこちらから

この他のアジア法務情報はこちらから

(ふくい・のぶお)

2001年 東京大学法学部卒業。 2003年 弁護士登録(第一東京弁護士会)。 2009年 Duke University School of Law卒業(LL.M. )。 2009年~2010年 Haynes and Boone LLP(Dallas)勤務。
2010年~2013年10月 Widyawan & Partners(Jakarta)勤務。 2013年11月~長島・大野・常松法律事務所 シンガポール・オフィス勤務。 現在はシンガポールを拠点とし、インドネシアを中心とする東南アジア各国への日本企業の事業進出や現地企業の買収、既進出企業の現地でのオペレーションに伴う法務アドバイスを行っている。

 

(こばやし・あいこ)

2007年同志社大学法学部法律学科卒業。2009年京都大学法科大学院修了。2010年弁護士登録(第一東京弁護士会)。2016年Stanford Law School卒業(LL.M.)。2017年から2018年まで長島・大野・常松法律事務所ジャカルタ・デスク(Soemadipradja & Taher内)勤務。現在は東京オフィスにて、日本企業によるインドネシアへの事業進出及び資本投資その他の企業活動に関する法務サポートを含む国内外の企業法務全般に従事している。

 

長島・大野・常松法律事務所 http://www.noandt.com/

長島・大野・常松法律事務所は、約500名の弁護士が所属する日本有数の総合法律事務所です。企業法務におけるあらゆる分野のリーガルサービスをワンストップで提供し、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

当事務所は、東京、ニューヨーク、シンガポール、バンコク、ホーチミン、ハノイ及び上海にオフィスを構えるほか、ジャカルタに現地デスクを設け、北京にも弁護士を派遣しています。また、東京オフィス内には、日本企業によるアジア地域への進出や業務展開を支援する「アジアプラクティスグループ(APG)」及び「中国プラクティスグループ(CPG)」が組織されています。当事務所は、国内外の拠点で執務する弁護士が緊密な連携を図り、更に現地の有力な法律事務所との提携及び協力関係も活かして、特定の国・地域に限定されない総合的なリーガルサービスを提供しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)

サイト内検索

アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業
アンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業

西村あさひ法律事務所セミナー
西村あさひ法律事務所
TMI総合法律事務所
森・濱田松本法律事務所
長島・大野・常松法律事務所