◆SH3456◆著者に聞く! 西田章弁護士『新・弁護士の就職と転職』(後編) 西田 章/重松 英(2021/01/25)

著者に聞く! 西田章弁護士『新・弁護士の就職と転職』(後編)

弁護士 西 田   章

(聞き手) 重 松   英

 

 前回のインタビューでは、西田弁護士に対し、弁護士の「就職」に関する考え方をお伺いして、法律事務所への就活において「企業就活本」で得たテクニックを応用したときに遭遇する問題点等についての意見をお聞きしました。インタビューの最後となる今回は、弁護士の「転職」についてお伺いします。(聞き手 重松英、2020年12月18日開催(場所 商事法務会議室))

 


次に、弁護士の「転職」にテーマを移したいと思います。先ほど、弁護士の人材市場も、ジュニア層では活発になってきたが、シニア層ではまだまだ、という話がありましたね(インタビュー(前編)参照)。
はい、いわゆる「第二新卒」と呼ばれる、登録3年以内くらいを対象にした市場が一番大きいです。需要サイドでは、法律事務所が「良い新人を採用して一から育てる」という育成モデルを維持するのが難しくなったため、「修習生を狙うよりも、第二新卒を狙おう」という発想をする先が増えました。供給サイドでは、就職先にミスマッチを見出した若手弁護士が転職を希望することが増えましたね。
法律事務所の新卒採用では内定者を奪われるリスクが大きいし、新人弁護士にとっても、就職先に失敗しても、「実務修習をひとつ余分に受けられた」くらいの感覚でよい、という話もありましたね(インタビュー(中編)参照)。終身雇用が重視されていた日本でも、「転職」に対するネガティブなイメージが払拭されてきたと言えますかね。
弁護士については、伝統的キャリアモデルは「独立」ですね。もともと、「修行をさせてもらう事務所」と「自分が活躍できる事務所」は別、という発想がありました。ただ、クライアント企業も一定の規模のある法律事務所を好むようになったので、「修行期を終えて一人前の弁護士として働きたい」という層についても、独立して個人事務所を立ち上げるよりも、共同事務所に参画する、という意味での「転職」に置き換わっていると思います。
独立であれば、「自分の事務所」を作るという動機付けが強いと思うのですが、転職の場合には、「修行させてもらう事務所」と「自分が活躍できる事務所」を環境として区別する理由がどこにあるのでしょうか。
ポイントとしては、自分が専門とする分野について、「先輩弁護士の層が厚い事務所」が「修行先」に適していて、「先輩弁護士がいない事務所」が「活躍先」に適していると思います。修行時代は、先輩に教えてもらわなければなりませんが、自分が成長してくると、次第に「自分が責任者として対応したほうが効率的な助言ができる」「先輩から余計な口を出してもらいたくない」と思うことが増えてきます。「老害」が疑われる先輩の下で働いていてもストレスが溜まるだけなので、優秀な弁護士ほど「先輩を追い出すか、自分が出ていくしかない」という選択を迫られる場面を迎えることになります。
新作でも、法律事務所が優秀な人材を引き止めるためには、シニアなパートナーが譲歩しなければならない場面もある、と書かれていますね。

続きはこちらから(フリー会員の方もご覧になれます)

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。
1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。
2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。
著書:『新・弁護士の就職と転職――キャリアガイダンス72講』(商事法務、2020)、『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)

 

(しげまつ・すぐる)

2008年東京大学法学部卒業、2010年東京大学法科大学院修了、2011年弁護士登録(二弁)、アンダーソン・毛利・友常法律事務所、桃尾・松尾・難波法律事務所、University of Virginia School of Law LL.M留学を経て、現在、法律事務所forkに籍を置きつつ株式会社ツクルバにて法務部長兼広報IRマネージャーを務める。




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)