◆SH3448◆著者に聞く! 西田章弁護士『新・弁護士の就職と転職』(中編) 西田 章/重松 英(2021/01/18)

著者に聞く! 西田章弁護士『新・弁護士の就職と転職』(中編)

弁護士 西 田   章

(聞き手) 重 松   英

 

 前回のインタビューでは、西田弁護士が、独立してヘッドハンティング業務を始めて、前作(『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007))を出版された経緯を中心にお伺いしました。2回目の今回は、新作のテーマのひとつである、弁護士の「就職」についてお伺いしています。

 なお、就職活動に関する同弁護士の考えは、「SH1165 司法試験受験生の就活は法律事務所と企業で何が違うのか(1) 西田 章(2017/05/17)」以降の連載でも述べられていますので、併せてご参照下さい。(聞き手 重松英、2020年12月18日開催(場所 商事法務会議室))


 

前作の読者には、ロースクール生や司法修習生も多かったのではないでしょうか。
出版関係者のご尽力で、定価をぎりぎりまで抑えてもらえたので、学生さんにも買ってもらいやすい本にすることができました。2007年当時、「弁護士のキャリア本」なんていうジャンルは日本に存在していなかったので、出版当初、書店からは「こんな本、どこの書棚に置けばいいんだ?」という不満が来たとも聞きました。前例がない分野の本を出版まで辿り着けてくださった関係者の勇気には本当に感謝しています。
さて、1月20日には、スケジュールが遅れた令和2年度の司法試験の合格発表があります。西田さんは、新卒を対象とする人材紹介業も行っているのでしょうか。
いえ、法律事務所は、新卒採用は自ら直接に応募を受け付けているので、ビジネスベースで採用の相談を受けることはありません。ただ、偶に、ボス弁から「内定者に辞退されちゃったので、進路を決めていない修習生の中に良い人はいない?」と尋ねられたり、「うちで実務修習をしてくれた修習生をうちでは採用できないんだけど、面白い奴だから、どこかいいところがあったら、紹介してやってくれない?」と依頼されたりすることはあります。
法律事務所の新卒採用にとって「内定辞退」は、本当に厄介な問題ですね。
はい、特に、ひとりしか採用しない中小事務所にとってみれば、「散々、苦労して選んだひとりに逃げられてしまう」というのは、その年の採用活動が無に帰することになってしまいますから。だから、就活生から「裁判官や検察官にも興味がある」という相談を受けた場合には、「だったら、法律事務所の内定先は採用人数が多い大規模事務所を選んであげてほしい」と助言しています。

続きはこちらから(フリー会員の方もご覧になれます)

 

(にしだ・あきら)

✉ akira@nishida.me

1972年東京生まれ。1991年東京都立西高等学校卒業・早稲田大学法学部入学、1994年司法試験合格、1995年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(研究者養成コース)入学、1997年同修士課程修了・司法研修所入所(第51期)。
1999年長島・大野法律事務所(現在の長島・大野・常松法律事務所)入所、2002年経済産業省(経済産業政策局産業組織課 課長補佐)へ出向、2004年日本銀行(金融市場局・決済機構局 法務主幹)へ出向。
2006年長島・大野・常松法律事務所を退所し、西田法律事務所を設立、2007年有料職業紹介事業の許可を受け、西田法務研究所を設立。現在西田法律事務所・西田法務研究所代表。
著書:『新・弁護士の就職と転職――キャリアガイダンス72講』(商事法務、2020)、『弁護士の就職と転職』(商事法務、2007)

 

(しげまつ・すぐる)

2008年東京大学法学部卒業、2010年東京大学法科大学院修了、2011年弁護士登録(二弁)、アンダーソン・毛利・友常法律事務所、桃尾・松尾・難波法律事務所、University of Virginia School of Law LL.M留学を経て、現在、法律事務所forkに籍を置きつつ株式会社ツクルバにて法務部長兼広報IRマネージャーを務める。




メールで情報をお届けします
(毎週火曜日・金曜日)